映像制作のボーダーレスの秘密

小西 剛生
小西 剛生
ご当地情報・九州編
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

福岡グルメの決定版!『天ぷら ひらお』

先日の“飾り山”のお話に続き、九州初上陸の

P1200097-6

小西です。

ボーダーレスには福岡・九州出身者が多いので、出張中には「天神に行って○○を食べろ」や「博多は△△が美味しいぞ」なんていうメールが届きまくって、とにかくグルメ情報には事欠きません。

僕にとっては初めての土地、「せっかくだから福岡を楽しんでもらいたい」っていう気持ちが伝わってきます。やっぱり九州の人間は温かく、そしてサービス精神に溢れているんだなぁと感激。

 

ラーメンもいっぱい食べたし、うどんも食べましたし。噂通り、すべての食べ物が美味しい街でしたよ、福岡って。

そんな中、あえて、僕のような他府県からの来訪者に、『1品だけ、絶対にコレは食べるべき!』とオススメせねばならないとしたら、ココでしょう!!

P1200067-1

『天ぷら ひらお』です。

地元では有名なお店です

地元・福岡では有名なお店みたいです、『天ぷら ひらお』。

市内を中心に何軒かチェーン店があるそうですが、今回は、

P1200068-1-1

とりわけ人気の高い、福岡空港すぐそばの本店に連れて行ってもらいました。

支社のスタッフさん曰く、「今日はとっても空いてますね、いつもはお店の外にまでお客さんが大行列しているのに」だそうです。ラッキーです。

 

さっそく店内にはいって、メニューをチェック。

P1200061-5

安っ!揚げたて天ぷらにご飯とお味噌汁が付いて700円ぐらいって!!(※2016年7月現在のお値段です)

僕は元々、兵庫県の出なのですが、関西で天ぷらといえば、職人さんが目の前で揚げてくれて、ビール飲んで、シメにご飯を食べて数千円もするというのが一般的。東京でも多いですよね。どちらかといえば高級料理のイメージです。

 

ひとまず食券を購入。

P1200056-4

ここで、案内してくれた福岡県民さんの一言アドバイスが。

「男性なら、迷わず“ご飯の大盛り”にしておくべきです!」

P1200057-5

真意はよくわかりません。

が、お好みの定食を選んだ後に50円の大盛り食券も購入。

P1200058-5

「本当に、いつもはこの店、最低でも20分は並ばなくちゃいけないんですけどねー。」というスタッフとともに、1秒も待つことなく店内へと足を踏み入れます。

大盛りご飯の意味

店内はカウンター席のみ。テーブル席は見当たりません。
牛丼屋さんのような雰囲気です。

でも、大きく違うのは、目の前に店員さんがいて、そして大きなフライヤーで天ぷらを揚げている姿も丸見えになっているところ。

 

お味噌汁、天ツユ、そして大盛りご飯がまず出てきます。

P1200035-1

「じゃ、天ぷらが出てくるまで、これを食べて待ちましょう。」

カウンターの各席の目の前に、このような容器が。中にはダイコンの煮物や辛子高菜、もやしナムル(?)などと共に、

DSC_0285-2

イカの塩辛?これってタダなんですか?

「もちろんですよ。どんどん食べましょう。」

まじですか!ではさっそく…

P1200032-5

なんだこれは!めっちゃ美味しいですよ!!

塩辛ですが、あんまり塩辛くはありません。柚子です。ユズの風味が効いています。イカ独特の生臭さはまったくありません。爽やかな口当たり。なんぼでも食べられますよ!!

「なんぼでも食べてください。食べ放題ですから。イカだけじゃなく、ダイコンやモヤシも…」

P1200043-5

幸せしか感じません。

最初に『ご飯は大盛り』と言われた理由が分かりました。

天ぷらが届く前に、この塩辛やダイコン、モヤシなどだけ(イカの塩辛以外のメニューは、季節によって多少変わるそうです)で、充分ご飯1膳ぐらいはぺろりとイケてしまうでしょう。ペース配分を間違えぬよう、最初から大盛りにしておくべきです。

魅惑のサイクルよ永遠に

そんな、サイドメニューに感激している間にも、目の前で天ぷらが揚げられているのです。

P1200046-5

揚がるたびに届く天ぷら。もちろん揚げたてです。

それを、大根おろしがたっぷり入った天ツユに、

P1200036-5

たっぷりと漬けて、

P1200042-5

食べる。

またまた目の前に、揚げたての天ぷらが届く。

P1200034-3

なので、アツアツのうちに食べる

時々、塩辛を食べたり、

P1200052-4

ダシのよく効いたお味噌汁を頂いたりしながら、

P1200040-3

天ツユとともに、

P1200033-4

まあ、あまり同じことを繰り返すのに意味を感じないので、このへんにしておきますが、これだけは声を大にして言っておきたい。

このサイクルが永久に続けばいいのに!

ぜひご自分の舌で!

そもそも、“揚げたての天ぷらを定食でいただく”という発想すら無かったかもしれません、僕のような関西系東京生活人には。

P1200047-4

しかも、それが700円ぐらいだなんて。

よく、「美味いのは当たり前。しかも安いのが福岡の店」という話を耳にするのですが、この『天ぷら ひらお』には、その金言がそのまま当てはまっているように思えましたね。

 

先程も書いたように、福岡市内を中心に何店舗かあるそうで、(ネットで調べたところ、6店だそうです)たとえば

DSC_0312-5

このように、福岡の中心的繁華街の天神にもあるそうなので(特別出演:真冬の装いの本田さん)、福岡旅行の際には、ぜひランチタイムに訪れてみるべきです。

 

飛行機ご利用の方は、今回僕が訪れた、空港近くの“本店”に。

着いてすぐ、もしくは帰る直前に。ほらほら、

P1200064-3

道路を挟んですぐ向こう側は、もう福岡空港の滑走路ですから。

ただし!普段は入店までに30分以上も並ぶのは普通だったりするそうですから、帰りに寄ってみようと思われる方は、かなり早めに行動したほうが良いと思いますよ。飛行機に置いていかれませんように。

LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事一覧

佐賀の『祐徳稲荷神社』は、思っていた以上にスゴかった!【その
福岡県民がガチでオススメするラーメン屋さんvol.8
安倍晴明が掘った井戸を見てきたよ(福岡県太宰府市)