映像制作のボーダーレスの秘密

岡本 良太
岡本 良太
ご当地情報・九州編
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

世界でココだけ!『チロルチョコ』のアウトレット(前編)

平日に代休を取って、前から気になっていた場所に行ってきました。

日本に、イヤイヤ、世界中探してもココにしか無いでしょう!

福岡県田川(たがわ)市にある、

『チロルチョコレート』のアウトレットです!!

 

平日に田川へ…

ちなみに、田川市とはこのあたり。

無題-09870987-09

福岡市と北九州市の間ぐらい?

かつては九州でも有数の『炭鉱の街』として栄えたところだそうです。

福岡市内から40キロメートルほどの、山間部に位置する街なのですが…

ネットの情報から得た住所をカーナビに登録したのに、ぜんぜん到着しないし

なんか、細い路地みたいなところに迷い込んでしまうし、雨も降ってくるし。

 

そんなこんなしつつ、あちこち車を走らせていると、

P1080907-1

遠くに見えるアレ!あれは間違いないでしょう!!

P1080913-1

近付いてみると、デカっ!!

パン屋さんとコンビニの間に…

おなじみの、このデザイン。

P1080914-1

大きな駐車場があって、

P1080898-4-3

向かって左隣に『セブンイレブン』右隣にパン屋さんの間に、

P1080901-1

これでしょう。やっぱり間違いない!!

P1080924-1

世界に唯一ここだけ!チロルチョコのアウトレットです!!

 

…到着してから考えると、実はすごく分かりやすいところにあるんですよね。

国道201号線沿いですから。

どうやら正確さに欠けるサイトの情報を拾ってしまったみたい。

皆さんがここを訪れる時は、松尾製菓(チロルチョコを作っている工場)の住所を頼りに、国道201号線を走ってみてください。

電車だと、平成筑豊糸田線の『大藪駅』が最寄りですが、福岡市内から訪れるなら、車の方が便利だと思います。

 

いよいよ中に!

中に入ると…

P1080828-1

いきなり、おなじみの定番チロルがドーンとお迎え!

P1080826-1

定価だと税込でだいたい1000円ぐらいのチロルチョコ1ケースが500円!ただでさえ安いのに、さらに半額程度に!!

 

店内は、

P1080847-1-1

意外と狭いですが、当然、チロルチョコのアウトレット品でギッシリ!!

 

店員さんに「写真撮って、ブログに載っけてもいいですか?」と尋ねると、気持よくOKしてくださったのですが。

「せっかく載せてくださるなら、正しい情報もいっしょにお願いしますよ~!」と、逆にお願い(?)されてしまいました。

 

正しいチロルチョコ・アウトレット店情報!

チロルチョコレート全体の公式ウェブサイトはありますが、このアウトレットショップだけの公式サイトはまだありません。

元々定価の安いチロルチョコの、しかもアウトレット物ばかりを集めたお店なので、公式サイトを開設し、維持するのはなかなか厳しいと思うのです。

 

なので、僭越ながら、この『ボーダーレスの秘密』が代わりに最新の情報をお伝えしておきますと…

 

まず、

P1080849-1

・定休日は『月曜日』です!

そうなんです。ネットには『平日のみ営業』と書かれたままのサイトが多く残っていて、今でも『土・日・祝日は定休日』と信じられている方が多いそうなんですよ。

実は僕もそう思っていた一人でした。なので、わざわざ平日の休みの日に来たのに!!

 

そして、

P1080818-1

・営業時間は朝9:00からです!!

これも『朝10時から』と書かれたサイトが本当に多いです。

 

『定休日は月曜日』、そして『朝9:00オープン』、

これが、2015年9月現在のチロルチョコ・アウトレットショップの正しい営業時間です。

…ただし、貼り紙にも書いてある通り、『祝日』は休みになることもあるそうなのでご注意を!!

 

売切御免!!

改めて、店内を見回すと…

P1080825-1

そう広くない店内とはいえ、

P1080860-1

P1080871-1

これだけのチロルチョコに囲まれると、なんだかドキドキしてしまいます!

店の広さと相まって、久しぶりに昔ながらの駄菓子屋に紛れ込んでしまった気分!?

これぞアウトレット!な、

P1080837-1

包装すらされていない、むき出しのミルク味も!

 

…そうそう、ここで、アウトレット店ならではの注意点をもう一つ。

P1080824-1

売り切れても補充されません!

 

(後編につづく)

 

LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事一覧

福岡の『カキ小屋』を紹介したい!【後編】
熊本城の今【前編】
山笠シーズンの博多を彩る『飾り山』(2)