映像制作のボーダーレスの秘密

BLラーメン部
BLラーメン部
ご当地情報・九州編
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

豚骨ラーメン発祥の地!『久留米ラーメン』食べ歩き(後編)

>前編はコチラ<

 

ぜひとも食べてみたかった、本場の久留米ラーメン

昨日は老舗的な有名店『清陽軒』を紹介しましたが…まだまだ食べられますよ~、もう1軒行きましょう!!

ラーメンも店員さんも最高!『味壱屋』

続いて行ったのが、これも名前をよく聞く有名店の『味壱家』。屋号よりも、『モヒカンラーメン』の愛称でおなじみ?

いくつかチェーン店があるそうなんですが、せっかくなので、こちらも本店におじゃま。

P1050531-1

ご覧ください!けっこう遅めの時間だったんですが、お店の外にまで行列してます。東京ではよく見かける風景ですが、福岡ではホント珍しいんですよ。

食券を買って席に着いて。ここでも定番ノーマルのモヒカンラーメンを注文。

P1050520-1

ここも、見た感じは博多ラーメンとあまり変わりません。海苔が乗ってないですね。でも、その代わりというか、

P1050522-1

赤唐辛子が添えられています。これがけっこう辛くて、そして旨いのだ!

P1050523-1

麺は細め。博多~福岡市内で見る細麺とあまり変わらないぐらいの細さです。ドンブリ鉢カワイイ!

 

で、肝心のお味ですが…言わずもがな。やはり味が深いんですよね!「もう一口、あと一口!」って食べてるうちに麺が無くなってしまう感じです。ニオイも気にならない程度。むしろイイ香りです。

 

今回は初めてだったし、2軒目だったしで、ラーメンしか頼まなかったのですが、隣の席の方が食べてた『とんこつ飯』っていうのが気になりました。焼き飯?みたいなのの上に、残ったスープをかけて食べるみたいなんですけれど…とっても美味しそうだったんですよね!次に行ったときは試してみようっと。

 

ラーメンも、店内の雰囲気も(あまりにお客さんが多すぎたので、店内の撮影は自粛しました)最高だったし、そして、お店のスタッフさんたちの接客もバッチリ!みなさん、とっても楽しそうに働いていらっしゃるんですよね。かと言って、私語をベラベラ喋ってるんでもない。ハツラツと、活き活きと動いているんですよね。

 

しかも、お店の看板が物語っているように、男性スタッフは全員モヒカン刈りです!

P1050526-2

こんな感じ!超大忙しなのに、気さくに写真を撮らせて下さいました。ホント最高です!!

福岡市内でも食べられる久留米系『大砲ラーメン』

せっかくなので、福岡市内でも食べられる久留米ラーメンのお店も。

西鉄天神駅を降りてすぐのところにある、

P1050539-1

『大砲ラーメン 天神今泉店』。こちらも本店は久留米市内にあるんですが、天神をはじめ、九州各地にチェーン店を持つ超有名店です。

定番のむかしラーメンをオーダー。

P1050532-1-1

ゆで玉子と、やっぱりここも

P1050533-1-1

海苔がトッピングされています。たかが海苔一枚でしょ?と思われるかもしれませんが、コレがあるのと無いのとでは全然違うんだよなぁ。不思議!

P1050535-1-1

麺は若干太めです。といっても、東京のラーメンに馴染んでいる人には、ここも充分に細麺って感じです。

味はもちろんバッチリ最高!これまで食べた2つの久留米ラーメンよりも、ちょっと塩味が強め?そしてニオイも控えめに思えました。全体的に“食べやすい”久留米ラーメンって感じかも?

 

で、気になる…実は、1軒目に訪れた『清陽軒』のラーメンにも入っていたんですよね、この

P1050536-1-1

茶色いものが。分かりやすいように麺の上に乗っけてみました。サクサクした不思議な食感です。

気になりすぎたんで、忙しそうな店員さんに声を掛けて(お仕事中にスミマセンでした)尋ねてみると、これは豚の背脂を揚げたもので、地元・久留米では『コリコリ』とか『カリカリ』などと呼ばれているんだそうな。

 

うどんやお蕎麦に入っている“揚げ玉”みたいなもの?これが少し入っているだけで、ものすごくお得な感じがします。もっとポピュラーにならないかなぁ…

久留米ラーメンの感想まとめ

今回、初めて本場の『久留米ラーメン』を食べてきたわけですが、

博多の長浜系ラーメンよりも、スープの味は濃い目。麺は若干太めである。

博多ラーメンはアッサリしていますが、久留米ラーメンは少しトロ味があり、味も濃い目です。どっちがイイとか悪いとかではなく、「飲んだ後にサクッとラーメンでも」という時は博多系、「しっかりとラーメンでお腹いっぱいにしたい」って時は久留米系、という感じでしょうか?

ニオイはそれほど強くない。

まだ3軒しか回ってないので、ホントはもっと強烈なお店があったりするかも?なのですが、今のところの感想としては、それほどニオイが強いというイメージはないです。むしろクセになるぐらいの、ちょうどいい香りでした。

そして、これは本文には書かなかったのですが、

値段が安い!

福岡のラーメンはとにかく安いのですが、久留米ラーメンもお手頃安心価格!今回紹介した3つとも、全部が1杯600円前後ぐらいですから。まさに庶民の味覚です!

 

九州にはまだまだ有名な、例えば“背脂たっぷり”の玉名ラーメンとか、“焦がしニンニク”の熊本ラーメンあと近年じわじわと知名度上昇中の宮崎ラーメンなどなど、たくさんの『ご当地ラーメン』がありますよね。

 

さて、次はどのラーメンを食べ歩きしましょうか~!?

LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事一覧

美しく、そして力強い『熊本城』へ行ってきたよ(前編)
『宮崎ラーメン』を食べてきました【後編】
ネコ好きにだけコッソリと教えたい福岡の旅館【後編】