映像制作のボーダーレスの秘密

ラーメン部
ラーメン部
ご当地情報・西日本編
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

秘境のラーメン屋さん in山口県

山口県の奥地にあるという、行列の出来るラーメン屋さん。好きモノにはかなり知られた存在なので、前から一度行ってみたいと思っていたものですが。

ついに念願叶いました。中国地方に出張したついでに巡礼してまいりました。

P1270165-098

中国自動車道を徳地インターで降りる。

P1270169-098

「あのへん、何にもないよ。田んぼぐらいしかないですよ。」山口県民の方に聞いていたのですが、まったくその通り。高速道路のインター降りてすぐなのに、車もあまり走っていません。

しかし!

P1270161-0988

あるじゃないですか~看板が。このいなか屋こそが、山奥の秘境にあるのに連日行列が途絶えないと評判のラーメン屋さん。

国道489号線を、看板の案内に従って右折。

P1270133-098

聞いていた通り、というか、聞いていた以上に、

P1270128-098

な~んにもない、田舎の山道という感じ。あるのは時々民家と、

P1270131-098

あとは田んぼばかり。道は広くて車でも走りやすいですが、真冬は雪が積もったり凍結したりすることもあるそうです。ラーメン食べに行くなら今のうちに。

ごくたまに、農作業をしている方をお見かけするので、ラーメン屋さんの情報などを収集しようと近付いてみると、

P1270153-0998

柴犬がジャレてくる!かわいいやつめ。

P1270155-098

しかしキミ、放し飼いかい?リード付いてないし。さすが山奥。

P1270109-098

ふと足下に目をやると、そこらじゅうにツクシが生えまくっているし。

都会とは全く違う時間が流れているかのような場所で、ホントにこんなところにラーメン屋さんがあるのか?と少し心配にもなりますが、

P1270141-098

道中のあちこちに、このようなお店への案内板が立っていますので、道に迷ったりすることはないでしょう。ほぼ一本道ですし。

そんな、ローカル線ドライブを楽しんでいると、

P1270096-098

見えてきます。いや、“感じる”といったほうが正確か。

P1270104-098

お店の建物が分りやすく存在しているというのではなく、

P1270102-098

なんにもない山奥の農村なのに、大勢の人がウロウロしていたり、空き地という空き地に車が大量に停められていたりして。

それと、

P1270100-098

こんな風にノボリや看板がたくさん設置されていたりして、

P1270098-098

ラーメン屋さんがどこにあるのかはよくわかりませんが、とりあえず「この辺りにお店がありそう」ということだけは感じ取れると思います。

 

開店間もない午前11時過ぎに到着したというのに、もう駐車場は満車状態。あいかわらずお店の入り口がどこのか?よく分らないまま、とりあえず人だかりが出来ているところに近付くと、

P1270083-098

並んでます並んでます、

P1270087-098

噂通りの行列状態。東京では当たり前のことですが、車でしか来れない辺鄙な山奥なのに、これははっきり言って異様。

大勢のお客さんたち、それに植え込みなどの障害物が多くて、お店全体の写真を一枚に収めるのは困難だったのですが、

P1270085-098

古い農家を改造したお店みたいです。

P1270081-098

入り口こんな感じ。

P1270080-098

いわゆる“土間”を活かしたようなレジ&待合。有名人のサインぎっしり。

まあ小1時間ぐらいは並ぶのだろうなぁ、仕方ないなぁとノートに名前を記入し、しばらく大人しくしていると、「お一人様でしたら、カウンターの狭いお席でよろしければ…」と優先的に案内してもらえてラッキー!

ソロ活動していると、たま~にこういうコトありますよね。

P1270075-098

席に案内してもらって、メニューをチェック。ノーマルの『御所野らーめん』が500円と、大人気有名店なのに意外とリーズナブル。(※価格は2017年4月のものです)

周りの先客さんたちを見渡してみると、セットメニューを頼まれている方が多いようだったので、ここは自分も『御所野らーめん+Aセット』をオーダー。

P1270072-098

狭いカウンター席だったし(優先してもらえたので当然)、なにせお客さんで満席の店内、あまり写真を撮りまくるわけにはいかなかったのですが、

P1270070-098

近ごろ多い、おしゃれな古民家○○というのではなくて、どちらかというと“清潔な大衆食堂”という雰囲気。気取った感じはありません。居心地はとてもいい…

P1270056-098

などと考えているタイミングで運ばれてきました!お待ちかねの御所野らーめん+Aセット。本当に狭いカウンター席だったので、唐揚げとおむすびが見切れてしまいましたが。

P1270057-0987

鳥ガラベースの醤油味スープでしょうか。琥珀色ってこのこと?口にする前からすでに、上品なテイストが感じられます。

P1270061-098

極細に近い細麺。少し柔らかめです。

そしてスープ。

P1270065-098

醤油に鶏ベースなのでしょうけれど、あとは何でしょうか?野菜の旨味なのかなぁ?上品で上質。ラーメンのダシというよりも、まるでレストランで出てくるスープです。とってもアッサリとしていますが、深いところに美味しさが潜んでいる感じ。

がっつり満腹になるラーメンも大好きですが、ご馳走と呼びたくなるような、こんなラーメンもいいですね。我々がいつも食べているものとは別カテゴリーに入れたほうが良さそうな。

P1270076-098

元々、洋食のシェフだった方がキッチンを務められているそうなので、他のラーメンとは違う、独特の丁寧さを感じましたよ。ステーキも食べてみたかった!!

 

いなか屋

山口県山口市徳地深谷598

お店までの道中は、かなり端折って紹介しています。国道からまあまあ距離もあるし、カーブが多い上に、ラーメン屋さん帰りの対向車もかなり来るので、お店に行かれる方は気を付けてくださいね。

P1270059-098

そうそう、唐揚げも絶品。ジューシーすぎ!やっぱりセットメニューを頼んで正解でした。

 

…というわけで。また一つ、行っておくべきラーメン屋さんをクリアしましたね。次はどこへ行きましょうか?

我々のラーメン巡礼の旅は、まだまだ続くのでした(あくまで予定)。

LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事一覧

10月にお参りすべき?な出雲大社【前編】
関門海峡を歩いて渡りたい。【中編】
織田信長が神様!京都の『建勲神社』(前編)