映像制作のボーダーレスの秘密

ボーダーレス クルマ部
ボーダーレス クルマ部
ボーダーレスの日常
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

東京モーターショー2015に行ってきました!(2)

>パート(1)はこちら<

 

―― マツダブースに続いて僕たちが向かったのは、

DSC01118-1

日産のブースなのですが…こちらも凄い人気でしたね!

 

「そうでしたね。僕も、“コレは実際にナマで見ておきたい”っていう日産のクルマが1台ありまして。今回の出展、楽しみにしていたんですよ!!」

Gripz Concept

「注目していたのはコレです!!」

DSC01083-1

―― Nissan Gripz Concept“グリップス”と呼ばれてましたよね。

 

「ちょっと前にこんな動画を観まして。」

「これを観て以来、このグリップスに興味津々というか。名前に“Z”の文字が見て取れるところも。」

 

―― で、実際に観て、いかがでした?

DSC01088-1

「意外とコンパクトというか、キビキビ走れそうな印象でしたね。しかし本当に注目を集めてましたよね。すごい人だかりで。」

 

―― 後ろの方からしか写真撮れないような状況で(苦笑)

 

「そしてこのガルウィングドア!」

DSC01092-1

「近未来的デザインですよ。コンセプトカーなので、このままの形で発売はないと思いますけれど、SUV感も強かったし、ゆったりとした姿勢で楽しめる、使い勝手の良いスポーツカーだと思いますよ。」

IDS Concept

―― そして、“近未来”というか、“未来のクルマ”もありましたよね。

DSC01086-1

―― Nissan IDS Concept

 

「これも、まずは日産の公式ムービーを観てもらってからの方が。」

アイ・ディー・エス…日産が考える“インテリジェント・ドライビング”。段階を踏まえつつ、2020年には完全に『自動運転』を実現化させる、という話は聞いていたんだけれど。」

 

―― まさか、ここまで完成に近付いているとは!?という感じでしょうか?

DSC01084-1

「会場のみなさんも同じ気持ちじゃなかったかな?まさに未来のクルマで、そしてその未来は、もう間もなく、すぐそこまで来ているんだ!っていう実感。」

DSC01080-1

―― すごい注目度でしたよね。

 

「個人的にも、今回のモーターショーの中で最もインパクトのあった1台ですよ。でも・・・

DSC01082-1

「帰ってからボーダーレス・クルマ部員に、このIDS Conceptの話をしたんですよ。ドライバー不要の自動運転だぁ!って。」

 

―― 話したくなりますよね、全自動ドライビング。

 

「そしたらさぁ、『じゃあ、タクシーに乗ればエエんとちゃいますか?』だってさ。分かってないなぁ、“夢”ってモノを(笑)」

NISSAN CONCEPT 2020 VISION gran turismo

―― もう一つ、注目を集めていたのが、

DSC01105-1

「“NISSAN CONCEPT 2020 VISION gran turismo”。その名の通り、大人気のプレイステーションのゲーム『グランツーリスモ』用に日産が作ったコンセプトカーです。」

DSC01098-1

―― これはもう、息を飲む美しさというか。

「これも、グランツーリスモのオフィシャルな動画がありますのでご覧ください。」

 

―― 凄いですよね。2次元のはずのゲームのキャラクターが、現実に目の前にあった!という。

 

「このリアビューを見ても分かる通り、

DSC01093-2

ベース車両はGT-Rだという話ですよ。テールランプが“NISSAN”を激しく自己主張してますよね。」

DSC01097-1

「もう、カッコいい!って言葉しか浮かんでこないでこないです。

DSC01104-1

コンセプトカーなので、このまま発売はなさそうだけれど、ゲームの『グランツーリスモ』には、このままのフォルムで登場するそうですよ!」

NISMO仕様車

「“NISMO(ニスモ=ニッサン・モータースポーツ・インターナショナル)”という、日産のレース体制をバックアップする、ワークスチーム的セクションの会社があるんですけれど…」

 

―― 市販車向けのドレスアップパーツなども出していますし、NISMO仕様としてチューンされたクルマも販売されていますよね。

 

「そう。そのNISMO仕様車も展示されていましたので。」

DSC01110-1

「言わずと知れた“GT-R NISMO”!これは『Nアタック・パッケージ』バージョーンでしょう。」

 

―― カッコいい!!

DSC01114-1

「スゴい人気でしたよね!お客さんもいっぱいで。」

 

―― 下世話な話ですが(笑)お値段はおいくらぐらいなんでしょうか?

 

「これは公式ページに載っていますよ。だいたい、パーツやチューニングの代金で、もう1台GT-Rが買えそうなぐらい(笑)。」

DSC01108-1

―― そして、コチラもカッコいいというか、よりエレガントな感じ?

DSC01121-1

「エレガントで、そしてスパルタン。フェアレディZ NISMOですね。」

DSC01120-1

―― ちなみに、コチラでお値段は??

 

「NISMO仕様って、サーキットでガンガン走るためのフルチューンのものと、街乗りも意識した、言わばライトチューン的なのものもあって、若干価格が違ってくるんだけれど、だいたい本体込みで550万~600万円弱ぐらいですね。」

 

―― そして、

DSC01122-1

「個人的に、こういうのも好きですね!ノートのNISMO版。羊の皮を被ったオオカミになれそう(笑)」

 

―― こういった、レーシングタイプでないクルマをチューンするのも…

 

「そう。個性出してていいと思います。そして、GT-RもZも、このノートも、NISMO版は数字だけ見れば値段が高いように思えますけれど。」

 

―― 確かに。僕らからすると、新車の代金プラスアルファ分が(苦笑)

 

「でもね、実はNISMO車ってお得なんだよ。後からアルミ入れたり、エアロ組んだり、足を固めたり…そして、チューニングに一番大切なのは“トータルバランス”。

DSC01123-1

これらのことを考えたら、最初から全てが完璧に仕上がっているNISMO仕様車って、決して高くはないんですよ。むしろお買い得なんですよね。」

 

―― なるほど。将来、車のドレスアップやチューニングを考えている人なら、NISMO仕様車も検討しておくべきですね。」

トヨタのブースに!

―― そして、次はトヨタのブースにおジャマ。

DSC01161-1

―― 泥だらけのランドクルーザーの展示。この演出は意表を突かれました。

 

「今、トヨタは“五大陸走破プロジェクト”というのを行っていまして。

限定公開なので、期限が過ぎれば見れなくなるかもですが、いちおうPVも載せておきます。その第1弾として、オーストラリア大陸を走破した、その時のランクルだそうですよ。」

 

―― そのまま日本で展示してしまうという。凄い!って思いました。

DSC01162-1

「ランクルならではですよね。こういうのが似合うクルマですもんね。」

 

―― そして、このランクルとは好対照というか、洗礼された都会的な雰囲気の、

DSC01157-1

「いよいよ登場ですね。4代目プリウス。発売間近の一台です。」

 

―― エコカーの代名詞ですもんね、今でも。

 

「プリウスの初公開の場が、1995年の東京モーターショーだったんですよね。あれからもう20年経つんですよね。」

 

(つづく)

LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事一覧

釣り具屋さんの“福袋”の中身って…?
東京モーターショー2015に行ってきました!(1)
福岡モーターショーに行ってきました!【その3】