映像制作のボーダーレスの秘密

編集部
編集部
エンタメ
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

スマホで遊ぶ“バカゲーム”オススメ3選

電車に乗っている時とか、待ち合わせの相手がなかなか来ない時などに、ついつい利用してしまうスマホのゲーム。

簡単に時間が潰せて、しかも多くが基本無料!最近のはダウンロード時間も短くて、ストレスを感じることもないし。いいコトずくめです。

ですが、Google PlayストアやApp Storeを覗いてみると、ゲームのタイトルがズラッと現れて、一体どのゲームで遊べばよいのやら…??

そんなわけで、ゲーム大好きな僕が、独断と偏見でセレクトしちゃいました!

今回はずばりバカゲーム、通称『バカゲー』。やりこみ要素よりも、スカッとサラッと遊べて、しかもバカバカしい内容のものを3つ選んでみましたので、参考にして下されば幸いです。

東京デッドボール

まずはこちら、『東京デッドボール』。

Screenshot_2015-05-07-18-15-14-1

操作は簡単。プレーヤーはバッターボックスに立ち、相手のピッチャーが投げてくる球がストライクゾーンに来れば打ち返す、デッドボールになりそうなら避ける、ただそれだけです。

動作も画面をタッチするだけ。

Screenshot_2015-05-07-18-39-28-1

打てそうな球が来たら、この図のように画面をタップ。
Screenshot_2015-05-07-18-39-30-1

デッドボールになりそうな球が来たら、この丸印あたりをタップして避ける。ただそれだけ…なんですが。

このピッチャー、かなりのノーコンです。ほとんどストライクは投げてきません。僕の感覚では8割ぐらいが暴投です。

で、その暴投を避けていくのですが、

Screenshot_2015-05-07-18-17-24 (1)-1

その避け方が実に面白い!

bakage

いろんなアクションで回避していきます。

Screenshot_2015-05-07-10-31-16-1

盾で防ぐとは…どこに隠し持ってたの?

簡単に避けられそうな感じがするかもしれませんが、実際はこれがけっこう難しい!

デッドボールを食らうと、

Screenshot_2015-05-07-18-15-34-1

画面左端のライフが減ります。最初は思うように避けられません。けっこうな豪速球を投げてきますので。ノーコンピッチャーにありがちな球威です。

ですが、20分も遊んでいると、だんだん目が慣れてきて、

Screenshot_2015-05-07-10-30-27-1

たまに投げてくるド真ん中の球を、ピッチャー返しすることも可能。

で、こういうことが出来るほどに慣れてくると同時に、こういう考えが浮かんできます。

「このゲームが上達したからといって、いったい何の得があるというのか…?」

これこそが『バカゲー』の醍醐味です。

 

おなか痛いのにフリスビー飛んできた

続いて紹介するゲームは、

Screenshot_2015-05-07-10-20-49-1

『おなか痛いのにフリスビー飛んできた』。内容はもう、タイトルそのままです。

Screenshot_2015-05-07-10-20-57-1

体脂肪率の異常に低そうなマッチョ兄貴、実はお腹を壊しているみたいです。

で、飛んでくるフリスビーをしゃがんで避けていくのですが、しゃがんでいる時間が長いと、「おなら」が出てしまいゲームオーバーに。もちろん、フリスビーを避けられなくてもアウトです。

Screenshot_2015-05-07-10-24-33-1

画面上の数字はプレー時間。これが長ければ長いほど高得点。どのくらいの時間ガマンできるかを競うゲームです。

飛んでくるフリスビーを、

Screenshot_2015-05-07-10-28-08-1

Screenshot_2015-05-07-10-28-20-1

しゃがんで回避。しゃがみ時間が長いと、画面左端のゲージが増加していき、満タンになってしまうと「おなら」が出てしまう…

と、文字で記せばすごく簡単そうですが、コレがけっこう難しいです。飛んでくるフリスビーの早さが尋常じゃない!

ついつい長押ししてしまい、おならが…

なぜこんなにマッチョなのか?なぜ屁をこいたらアウトなのか?の説明もないまま、ただひたすら高速で飛んでくるフリスビーをしゃがんでかわし続けていく、というゲームです。

そうそう、この『おなか痛いのにフリスビー飛んできた』、BGMがめちゃくちゃにカッコいいです!ぜひとも音量を上げ気味にしてもらえたらと思います。

このカッコよすぎる音楽と、ゲームの内容があまりにもかけ離れすぎているところも、『バカゲー』の面目躍如といったところでしょう!

純愛ババア学園

3つ目はコチラ。

Screenshot_2015-05-07-10-52-13-1

『純愛ババア学園~転校生は100万歳』。学園を舞台にした、いわゆる“恋愛シミュレーションゲーム”なんですが、

Screenshot_2015-05-07-10-51-32-1

ターゲットになる相手の女性が、ずばり100万歳前後のおバアさんばっかりです。

お相手候補は、

Screenshot_2015-05-07-10-51-42-1

いちおうこのゲームのメインキャラ?転校生の白鳥千代さん。

Screenshot_2015-05-07-10-51-47-1

プレイヤーの幼なじみ、西園寺小百合さん、などなど。

他にもツンデレ系生徒会長(当然100万歳)、大人気のアイドルグループの一員(もちろん100万歳)などなど。おバアさんと恋に落ちるべく頑張る、というストーリーです。

ゲームの進行は、

Screenshot_2015-05-07-10-55-57 (1)-1

選択肢から、彼女の喜びそうな答えをチョイスしていくタイプ。ギャルゲーの王道です。まぁ、ギャルではないですね。

Screenshot_2015-05-07-10-53-12-1

さすが100万歳。遣隋使のメンバーとも面識ありです。

こんな感じで、4月からの新・学園生活を謳歌していくわけですが。

正直なところ、最初は「うーん。ちょっとスベってるっていうか、あざといかなぁ?」と思いながらゲームを進めていったんです。

ですが、彼女らとの会話を進めていくうちに、いたる所に何やら伏線らしきものが張られている感じ…?

もしかしたら、この『100万歳』という年齢にも、実は深い意味があったりするのか?主要人物たち同士の因縁めいたものもあるかも?

そんなことを考えながらプレーしていくうちに、だんだんとこの世界にハマりつつある自分がいたりして…ううむ、先が気になります!

Screenshot_2015-05-07-10-52-08-1

…もしかしたら、こんなキスシーンに辿り着けるかも!?学園生活の華、ですか??

まとめ

最後の『純愛ババア学園』は、他の2つとは少し趣が異なりましたが。

『東京デッドボール』と、『おなか痛いのにフリスビー飛んできた』は、1回のプレー時間も短めなので、ちょっとした時間つぶしはもちろん、軽い気分転換にもいいかもしれません。

どれも基本プレーは無料ですので、軽い気持ちで始めてみてはいかがでしょうか?

…では、僕は今から『純愛ババア学園』の三学期を楽しんできます。狙うは千代ちゃんかな、やっぱり(笑)

LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事一覧

年末ジャンボを当てたい!宝来宝来神社編
大人になった今、本気で『ガンプラ』作ってみたい!(3)
『艦これ』のイベントに行ってきました【前編】