映像制作のボーダーレスの秘密

岡本 良太
岡本 良太
ご当地情報・東日本編
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

東のお笑いの聖地・浅草六区をブラブラと[Part 1]

最近、“笑い”が足りていない!

…突然、こんな書き出しでスミマセン。

いやいや、ボーダーレスのスタッフ仲間はみんな面白い人ばかりで、社内のあちらこちらに笑いが転がっていたりするんですが。

でも、あるでしょ?肩コリがひどい時、身内の人に肩を揉んでもらうのもいいんだけれど、プロのマッサージ師さんにお願いして、全身くまなく揉みほぐしてもらいたいなぁ…って時が。

 

たまには本物のお笑い芸人さんの技で、心の底から大笑いしたい!
と思い、東の笑いのメッカ『浅草六区』に行ってまいりました。

 

浅草六区とは?

大きな赤ちょうちんでおなじみ、浅草寺のすぐ近くにある『浅草六区』。

P1040686-1-1

ご近所なのも当たり前、六区はもともと浅草寺の境内の一部だったそうです。

明治時代の区画整理で、浅草寺の敷地を7つの区域に分けた際の、第6番目の区域だったから“六区”という名称になったとか。

そこに軽演劇の芝居小屋などが集まり、やがて庶民の娯楽の街として栄えていったんだそうですよ。

欽ちゃんこと萩本欽一さんや、ビートたけしさん等々、数多くの芸人さんたちが修行し、腕を磨いた“お笑い・コメディアンの街”としても有名ですね。

 

庶民の娯楽の街・浅草六区

街の至る所に…

P1040669-1

浅香光代さん。

P1040663-1

『男はつらいよ』の寅さんでおなじみ、渥美清さん。俳優のイメージが強いですが、元々はここ浅草六区でコントをやっていらしたそうです。

P1040682-1

深見千三郎さん。後で調べてみたら、この方がビートたけしさんのお師匠さんだったんですね。知りませんでした…映画『座頭市』でたけしさんが披露したタップダンスは、この深見さん直伝の“芸”なんだそうです。

 

他にもたくさんの芸人さんの写真が飾られているんですが、

P1040666-5

なぜだ!?(笑)Vシネマのアニキもディスプレイされています。

 

で、この哀川翔さんのすぐ側に建っている、白い大きな建物、

P1040671-1

以前はこの場所に、日本初の映画館である『電気館』が建っていたそうです。

日本で最初の映画館は、この浅草六区にあったんですね。僕たちのボーダーレスも映像制作会社ですから、なんとなく親しみが湧く…なんて言ったら失礼でしょうか??

偉大な大先輩であることは間違いありません。

 

六区通りを浅草寺方面から歩いて、その『電気館』があった建物を通り過ぎると、やがて見えてくるのが、

P1040645-1

『東洋館』です!

 

いざ『東洋館』へ!!

正式には『浅草フランス座演芸場東洋館』というそうです。

すぐお隣の、

P1040644-1

こちら『浅草演芸ホール』は落語が中心で、東洋館のほうは漫才・コントが中心。

 

東洋館の入り口では、いかにも芸人さんっぽい方たちが、ただいまお客さんを呼び込みの真っ最中。

恐る恐る、「あのー、写真撮らせてもらって、ブログにアップしてもいいですか?」と尋ねてみたところ、

P1040642-1

「おっ!?いいよいいよー!!コッチからお願いしたいぐらいだね。イイね~、ビッグスターにでもなった気分だよ!!」と、チャキチャキの江戸っ子口調で気さくにお応え。嬉しいなぁ!

写真の、向かって左側の方がプッチョリンさん。大ベテラン芸人さんです。(右側の方は、舞台にも立たれてませんでしたし、結局何をされている人なのか分からずじまい…)

この東洋館では、月1回ぐらいのペースで『早朝寄席』という、朝9時半ごろからの特別なイベントをやっているそう。入場料はなんと500円!本物の芸人さんたちのライブが観れて500円なんて安すぎ!!

 

プッチョリンさんたちの呼び込みに応えて早朝寄席へ。いざ東洋館です!!

(つづく)

 

LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事一覧

本場の『あんかけスパ』食べてきました
これも千葉県民の味?『ピーナッツ煮豆』
横浜のイルミネーション