映像制作のボーダーレスの秘密

岡本 良太
岡本 良太
ご当地情報・東日本編
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

都内の富士見スポットを見に行ってきました 後編

前編はこちら

 

編集長に『東京23区内にある“富士”の地名が付く街に行って、本当に富士山が見えるかどうか確かめてこい』と指令を受けるも、不運にも見舞われ、なかなか目標を達せられないまま心が折れかけています・・・さて、どうする?

 

東京スカイツリー

実は、六本木ヒルズがアウトだった時点で、編集長に「すみません、富士山無理でした~」と泣き付くつもりだったのですが。

だが、ここまできたらもう意地というか。いや、意地というよりも、純粋に“東京23区で富士山を見たい”と思い始めていました。

六本木ヒルズはダメだったけれど、高い所から富士山を望むというのは間違えてないと思います。

休日の土曜日、観光を兼ねて『東京スカイツリー』に行ってみることにしました。

狙いは夕方。前編に登場していただいた目黒のセレブ奥さまの情報によると、早朝と夕方がよく見えるということ。

今のところ、唯一の頼りになる情報です。

DSC_2977-1 DSC_2978-1

噂に聞いていた東京スカイツリー。15時半ごろに到着。

当たり前ですけど、やっぱりデカいですね!間近で見ると圧倒されます。

さて、後は天望台まで昇って、夕暮れを待つだけ・・・と思っていたのですが。

スカイツリー2-1

スカイツリー1

えええーっ!?マジで!?エレベーターに乗るまで1時間半も待つの!?

さすがにオープンから何年か経ってるし、福岡のニュースでは最近スカイツリーが取り上げられることが殆どなくなっていたので、もうすっかり人気も落ち着いて、行けばすぐに上れるもんだと思っていたよ!

 

1時間半も待ち、天望台に着いたころには、もうすっかり日も落ちてしまっていました。

DSC_2980-1

DSC_2989-1

本当なら、この先に富士山が見えてたはずなんですが。

あぁ、やはり僕には無理なんですかね、東京の富士山。

 

ふたたび目黒区・富士見坂

東京出張最終日。

この日は午前10時に本社に行き、軽く打ち合わせなどを済ませたら、すぐに羽田空港に向かわねばなりません。

なので、この最終日の早朝しかチャンスは残されていないのでした。ちなみに前日は大雨でした。

天気予報を見てみると、とりあえず雨は降らなさそう。もう、このラストチャンスに賭けるしかない!

朝5時半に宿を出て、夜明け直後に再び目黒の富士見坂へと。雨は降ってませんが、とにかく風が強い!寒い!

でも、この強風が雲を吹き飛ばし、寒さが澄んだ朝空を見せてくれるんじゃないか?と淡い期待をしつつ、まだ薄暗いうちに、坂の上のベスト富士山ビューポイントとされる場所にスタンバイ。

うっすらと夜が明けていき・・・反対側の空には美しい朝焼けが見える。

 

なのに

なのに・・・

なのに・・・・・・

DSC_3006-1

富士山側にはまたまた分厚い雲が!!

本社に戻るためには、ここを8時半ごろには出発しなくてはいけません。

頑張ってネバってみましたが、けっきょく雲が晴れることはなく。。。

 

この前とは違う、この辺りに長く住んでいるというおばあちゃんが話しかけてきて、

「あら~、せっかく来られたのに残念ね~、この時期ならほぼ毎日、きれいな富士山が見れるはずなのに。」

 

編集長!編集長!!今回は不運な僕のせいで最悪の結果になってしまいましたが。

次の東京出張の際には絶対に美しい富士山を撮ります。撮ってみせます!!

なので、なので!もう一度だけチャンスをください・・・

 

編集長

「チャンス?やらねえ」

LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事一覧

東のお笑いの聖地・浅草六区をブラブラと[Part 2]
横浜のイルミネーション
“こち亀”で有名な『亀有駅周辺』を探索してきました【前編】