映像制作のボーダーレスの秘密

福岡支社
福岡支社
ご当地情報・九州編
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

ネコの楽園!『相島』を完全攻略したい(1)

せっかく福岡に支社もあることですし。

ぜひこの島のことをお伝えしたいと思います…

全国のネコ好きの皆さまに!『相島(あいのしま)』です!!

今回は『相島』を

福岡県のネコの島といえば、北九州市の『藍島』も有名です。

相島も藍島も、どちらも読み方は「あいのしま」ですが、

 

今回は福岡市内からも近い、糟屋郡新宮町『相島』の方を紹介します。

ハートの形をした、九州本土の沖合いおよそ8kmほどのところにある、人口およそ300人ぐらいの小さな島です。

 

実は、前々から行ってみたいと思ってはいたのですが、なにせ離島ですし、ネットで検索してみても、ネコの写真が大量にヒットするぐらいで、他の情報はあまり得られず…

しかし!

P1100399-1

ご近所にお住まいの、H夫妻。

僕が福岡に引越してきて以来、プライベートで何かと親切にしてくださっている、まさに命の恩人級のお二人。

この夫婦の奥さまのほうが、なんとこの相島出身だそうじゃないですか!

先日の『スペースワールド徹底攻略(?)』の時と同じく、こんなにも心強いナビゲーターが付いてくださるなんて!!

 

ネコはもちろんのこと、グルメから観光から何から何まで、

これはもう、『相島』を徹底的に攻略するしかないでしょう。

新宮漁港内の渡船乗り場へ…

港に到着。新宮漁港内(すぐ近く)の、町営渡船乗り場です。

P1100393-1

 

P1100391-1

公共交通機関ならば、『西鉄新宮駅』『JR福工大前駅』から出ている

DSC_0379-1

料金100円(安い!)のコミュニティバスを利用して『相島渡船場』下車。

 

車の場合は、

P1100392-1

新宮漁港内に1日停め放題で300円(これまた安い!)の駐車場がありますので、こちらをご利用ください…

 

・・・なのですが!

コミュニティバスの本数はそう多くありませんので、時刻をよくチェックしてから出発したほうがよいと思います。

http://www.town.shingu.fukuoka.jp/index.cfm/1,0,284,325,html

いちおう新宮町コミュニティバスのホームページを載せておきます。

『相らんど線』が相島渡船場を通る路線です。夏と冬でダイヤが異なるのでここも要注意!!

 

じゃあ車のほうが便利なの?とも思いますが。

P1100387-1

港内の駐車場はかなり広いとはいえ、時期によっては少し混雑するようです。

この日も(10月初旬の休日)朝9時ごろでかなり満車に近い状態でした。

 

渡船の本数も限られていますので、ストレスなく相島に渡るためには、

朝は少し早い目に出発したほうがよいかも?

 

いちおう、相島までの渡船のダイヤも。

http://www.town.shingu.fukuoka.jp/index.cfm/1,970,284,191,html

こちらも夏季と冬季で便数が異なるので要注意です。

 

いよいよ船に

案内してくださるH夫妻に手を引かれるように、

P1100394-1

渡船新宮待合所の中にある券売機で、

P1100395-1

乗船券を購入。片道460円です。

 

待合所を抜けると、

P1100397-1

海!そして港!そしてそして、船!!

久しぶりの船にテンション上がり気味の僕ですが、しょっちゅう行き来しているご夫妻は極めて普通。

特に奥さんのほうは、ただ単に「実家に帰る」ということなので、まったく素のまま…まぁ、当たり前ですね(笑)

 

ちなみに、

P1100397-1987

相島への『アコヤガイ』の持ち込みは禁止だそうです…

こんなこと注意されるなんて、生まれて初めてだよ!!

 

さっそく船、正式には『しんぐう』という船名だそうですが、

P1100400-1

颯爽と乗り込む僕たち。

 

船内は…

P1100403-1

 

P1100402-1

とってもキレイ!!

さらにテンション上がる僕ですが、

奥さまは…

P1100407-1

「揺れるっちゃんね~」と、テンション低め。

 

ダンナのほうも、

P1100408-1

「そうタイ!揺れっタイ!!」と言ったかどうかは覚えてませんが、

正直、あまり喜んではいない様子。

顔出しても怒られないとは思うのですが…いちおう写真を暗くして掲載。Hさんスミマセン(笑)

 

そうなのです。

できるだけ多くの人に『相島』を訪れてもらいたいとは思っているのですが、今回は“完全攻略”が目標ゆえ、ここは正直に書いておきます。

 

渡船はかなり激しく揺れます!

 

ただでさえ荒い玄界灘、しかもこの日はけっこう風も強くて、デッキ部分への外出禁止令が出されていたほど。

P1100405-1

…とはいえ。

そんなに船に強くない僕でも大丈夫でしたし、航行時間17分間のうち、揺れが強かったのは途中の10分ほどでしたので、そう心配しすぎるほどではないとも思います。

 

相島到着!いきなりお出迎え!!

大揺れに耐えているうちに、アッという間に『相島』に到着。

P1100412-1

 

P1100425-1

 

DSC_0261-1

底が丸見え!ビビるほど海の水キレイ!!

DSC_0192-1

すげぇ、遠くの眺めも最高…なんて感動していたら、

P1100421-1

足元にネコ!桟橋からもうすでにネコ!!

P1100414-1

船を降りる人たち、まるでハイタッチでもするかのようにネコに触れていく…

僕も触りたい、頭なでなでしたいよ、でもノラネコやし、噛まれたりしないかな?と躊躇していたら、

島に住んでいる、地元のお婆ちゃんらしき方が、

P1100424-1

「ほれほれ、アタマ撫でてもらい~」と、ヒョイとこのネコを抱っこ。

このネコの、めんどくさそうな顔よ!そこがタマランのだけれど(笑)

 

よく見ると、

P1100427-1

車の周りにネコ!

P1100432-1

自転車の陰にネコ!

P1100437-1

まだ渡船を降りてすぐの、桟橋周辺だというのに…

 

噂通りのネコパラダイスではないか、相島!!

 

(パート2につづく)

LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事一覧

夜の『飾り山』
【数量限定!】ダンボー×二○加煎餅の最強タッグ結成中!!
『“最後の炭鉱の島”長崎県の池島に行ってきました』【Part