映像制作のボーダーレスの秘密

ボーダーレス 福岡支社
ボーダーレス 福岡支社
ご当地情報・九州編
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

『宮崎ラーメン』を食べてきました【後編】

>【前編】こちら<

噂通りの中太麺。見た目はストレートですが、

dsc_1911-6

そこはやはり自家製麺ならではか、スープの絡み具合もバッチリです。

福岡に住んでいると、どうしても細麺を食べる機会が多くなるのですが、たまには太麺もいいですね。食感、そして麺自体の味もしっかり楽しめます。

dsc_1909-5

ほどよい塩味の効き具合。とっても美味しいです。

そして、スープ。

dsc_1900-79234

噂通りのあっさりテイスト…というよりも、むしろ“優しい味”と言いたい感じ。決して単なる薄味ではありません。滋味に富んだ、深いスープだと思います。

そして、この、表面に浮かぶ黄金色の油。これ、もしかして鶏油?

地鶏も有名な宮崎ですから、充分考えられることなのですが。

 

栄養軒
住所:宮崎県宮崎市江平2-1-6

お店の前の駐車場はすぐに満車になりそうですけれど、

p1230482-6

近くに2ヶ所ほど専用駐車場がありましたので、お車の方はそちらもご利用を…とはいえ、そちらもすぐに満車になっていましたけれど。

そんな、宮崎ラーメン界の大人気店『栄養軒』。結局、ぼくがラーメンを食べている間も、お客さんは引きもきらずで大行列持続中。店員さんも忙しそうだったので、聞きたいことも聞けずじまい。

p1230486-6

スープのこととか、「替え玉はないのですか?」とか、油の正体も。いろいろと聞きたいことがあったんですけどね。

でも、“デラ”は“大盛り”という意味だそうですよ。宮崎弁なのかどうかまでは聞けず、心残りが。

もう一軒、『さといも』へ

帰る前にもう1軒。

p1230490-6

『さといも』というお店。ここも有名なんだそうです。

p1230505-6

明るくて清潔感いっぱいの店内。そして、こちらもお座敷席あり。

有名人のサインがいっぱい。

p1230507-6

宮崎=キャンプ地。だからでしょうか?プロ野球選手のサインも多かったです。

メニューはこの通り。

p1230503-5

やはり、ここにも替え玉については書かれていません。しかも、福岡のみならず全国的にラーメン屋さんの定番サイドメニューであるギョウザもなし。(※こちらも価格は2016年の取材当時のものです)

まだ2軒しか知らないので、これがオーソドックスな宮崎ラーメンスタイルなのかどうかは分からないのですが、気になりますね。。。

 

ひとまず今回も普通の“らーめん”をオーダー。

p1230494-6

こちらのお店でも、お客さんの多くがラーメンといっしょに白ごはんかおにぎりを注文していたので、僕も右にならえ。もちろんタクワンも付いてきました。

そして、こちらも宮崎ラーメン定番(たぶん)のモヤシ。

p1230496-6

これがサクサクのパリパリで絶妙!最初は「生のモヤシ!?」と勘違いしたぐらい。

そして、麺も。

p1230502-6

やはり中太ぐらい。こちらは麺自体の味は少し抑え目か。その分、スープの味の絡み具合がより楽しめました。

で、そのスープ。

p1230497-6

こちらは少しだけ濃い味っぽい?とはいえ、やはりアッサリとした淡白なスープです。ホント優しい味のスープです、宮崎ラーメン。

そして、ここでも黄金色の油が。独特の甘みと旨みがありますし、これはやっぱり鶏油じゃないのかなぁ?

 

らーめん本舗 さといも
住所:宮崎県宮崎市大島町原の前1445-107

「写真撮って、ブログに載せてもいいですか?」と尋ねたら、「どうぞどうぞ!ありがとうございます!!」と気持ちのいいお返事。ラーメンが美味しいだけじゃなく、店員さんの応対も気持ちいいお店でしたよ。

p1230491-6

ですが、僕が訪れたのが、おそらくは閉店間際だったのでしょう。みなさんバタバタされていたようで、ここでもラーメンに関する質問はできずじまい…いろいろと謎が残るなぁ、宮崎ラーメン。

宮崎ラーメン、現段階でのまとめ

では、生まれて初めて食べた宮崎ラーメンについて、簡単にまとめを。まだ2軒しか行ってないので、ひとまず現段階での感想でしかありませんが。

中太麺です。

 

スープは豚骨ベース、ただし匂いはほとんどなし

 

全体的にあっさりとした味、決して薄味ではなく、ぴしゃっとコクあり

 

タクワンが、なぜか小皿に乗って付いてきます

 

そして、これは気になるポイントというか、まだまだ要調査な項目ですが、

宮崎ラーメンは食事として楽しむもの?
福岡でのラーメンのポジションは、「ちょっと小腹が空いた」とか、「飲んだ後のシメに」という具合の、いわゆる“ファストフード的”な扱いが多いのですが。

今回お邪魔した2軒とも家族連れが多く、しかも皆さん、サッと食べてサッと帰るというよりも、どちらかといえば長居する感じ?ご飯やおにぎりと一緒に、ゆっくりと食べるもの、という印象を受けました。どちらにも立派なお座敷がありましたし。

 

替え玉は無し?
福岡ではおなじみの替え玉は、メニューには載っていませんでした。

そういえば、「カタ」「バリカタ」などの、麺の茹で加減も聞かれなかったような…

 

黄金色の油の正体は?
鶏油だと思うのですが、違うかなぁ?

 

ギョウザや焼き飯などの、おなじみのサイドメニューは無し?
有名な人気店2軒とも、メニューはシンプルにラーメンのみ。もちろん、専門店として心意気良し!で好感が持てるのですが、他のお店もそうなのでしょうか?

 

なにせ今回が宮崎ラーメン初体験でしたし、ネットを見るとまだまだ人気のお店があるみたいなので、その辺り、また宮崎県に出張の機会があれば、第2弾・第3弾と追跡調査&報告していきたいと思います。

LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事一覧

福岡県民がガチでオススメするラーメン屋さんvol.9
九州には『スペースワールド』があるぞ!(3)
朝倉の三連水車ライトアップが復活しました