映像制作のボーダーレスの秘密

福岡支社
福岡支社
ご当地情報・九州編
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

『“最後の炭鉱の島”長崎県の池島に行ってきました』【Part 2】

>【Part 1】はコチラ<

 

フェリーに乗り込んで…

P1040281-1

480円だったかな?人間だけだったら500円でお釣りがきます。

ちなみに、この便での乗客は僕を含めて5人。やっぱり静かな島っぽい?

 

で、いよいよお待ちかねの出港!

P1040285-1

ん~、気持ちイイっす!!

やっぱり船旅は気持ちいいです。流れる景色も、

P1040288-1

いつもの通勤電車から見える景色とは違います。当たり前だけど(笑)

体を包む潮風も、最高に気持ちいい~…

などと思っているうちに、

P1040290-1

もう『池島』に到着。30分かかりませんでした。あっという間です。

岸辺には『絆・池しま・大スキ』の言葉。よくある「歓迎!◯ ◯へようこそ」みたいなのもいいですけれど、こんなメッセージもステキですね。

 

で、フェリーを降りて島を見回してみると、

P1040294-1

港の周辺にも、

P1040295-1

P1040297-1

昔の炭鉱の名残でしょうか…さっそく近付いてみましょう。

ネコの大歓迎? 

島の全容は、こんな感じです。

P1040298-1

レンタル自転車があるみたいですが、この日は閉まってました。残念。

P1040299-1

島の全体像と歴史が書かれた看板もあります。

 

で、一歩島内に足を踏み入れると…

P1040412-1

P1040309-1

おぉ?ネコがいっぱいだぁ!!

もう少し歩いて、団地内にもネコの群れ!

P1040310-1

 P1040315-1

 P1040316-1

基本的にはブサイクなネコばかり(笑)でも、そのブサイクさがたまらなく可愛いのだ!

P1040417-1

たまーに賢そうな顔をしたネコもいますが、

P1040428-1

鈴が付いてますね。飼い猫みたいです。

なんとなく視線を感じるので振り向いてみたら…

P1040406-1

小さいニャンコに尾行されてました(笑)

島全体にネコがうじゃうじゃいる…って感じではないのですが、ちょっとした広場に行くと必ずネコに会えます。

で、すごく人に慣れているか?といえば、そんなことは全くなくて。けっこう人間と微妙な距離感で生活しているみたい。近付いたら逃げてしまいます。なでなでさせてくれませんでした。

そんなヨソヨソしいところも含めて、池島のネコはカワイイのだ!!

いよいよ炭鉱の遺産へ・・・

島の外周を歩きつつ、

P1040319-1

見えてきました。この池島が、かつて炭鉱の島だった証です。

 

【Part.3】につづく

LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事一覧

佐賀のお祭り、唐津くんち【前編】
廃墟―魚雷発射試験場跡【後編】
遊園地最後の日―北九州のスペースワールド【後編】