映像制作のボーダーレスの秘密

福岡支社
福岡支社
ご当地情報・九州編
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

“抹茶のスイーツ”などを知覧にて。

夏季休暇を使って、鹿児島県の知覧に行ってきました!

DSC_0199-098

知覧に行ったなら、ここを避けて通るわけにはいきません。知覧特攻平和会館

DSC_0195-0987

特攻隊員たちの遺書、家族に宛てた手紙、遺品などが並んでいます。一人で訪れてよかった。涙がぼろぼろと溢れてきます。

思想やイデオロギーは関係なく、日本に生まれたならば、一度は訪ねておくべきな場所ではないでしょうか。少なくとも私は、行ってよかったと思っています。

もうひとつ、

P1310680-0987

知覧町は『お茶』が有名なんだそうです。知りませんでした…お恥ずかしいかぎり。町内のあちこちに、とっても美しい茶畑が広がってました。

DSC_0203-09876

鹿児島県って、静岡県に次いでお茶の生産全国2位!!よーく覚えておきます。

飲むためのお茶は、茶葉をお土産に買って帰るとして。お茶どころならではの“地のモノ”を味わいたい…そう、抹茶味のスイーツなどを!!

抹茶アフォガート

知覧特攻平和会館と同じ敷地内に、いくつかのお店が並んでいました。

P1310704-098

おみやげ屋さんやカフェっぽいお店などなど…

P1310705-0987

目に飛び込んできた、『知覧抹茶のアフォガート』の文字。抹茶の!?コーヒーのアフォガートしか食べたことないですよ!

さっそく注文し、カウンター席で待つ…

P1310685-098

まだまだ暑さの残る南九州、水出し知覧茶も。とってもマイルド。緑茶特有の苦味もあまり気にならない、むしろほんのり甘味さえ感じる緑茶でしたよ。

お茶を飲み飲み、待つことしばし。

P1310686-0987

こちらが知覧抹茶のアフォガート。

バニラアイスが緑茶に溺れてます!溶けかけた、アイスの食べごろをサッとひと口いただき!!

P1310703-0987

ぷくぷく泡がまるでカプチーノ。水出しのお茶はマイルドでしたが、これはもっとコクのある、本当にお抹茶のような爽やかビターテイスト。

初めての体験でしたが、アイスと緑茶って本当によく合いますね。コーヒーよりも合ってるかも!?平和記念館のすぐ前にあるお店なので、ここを訪れた際にはぜひとも味わってもらいたいと思いました。

Cafe201の知覧バーガー

知覧といえばもうひとつ、

DSC_0207-098

 

DSC_0208-0987

武家屋敷群も有名。南九州の小京都とも呼ばれているそうです。昔の街並みをそのままに。

P1310709-0987

そうそう、来年(2018年)の大河ドラマは西郷隆盛さんなんですよね。ロケ地に使われたみたいです、この知覧武家屋敷群。

この周辺にも、おみやげ屋さんやカフェレストランなどがいくつかありました。中には武家屋敷をそのまま利用した古民家ショップ的なところも。

P1310746-0987

そんな中から選んだ、cafe201というお店。おしゃれな佇まい。少し敷居が高い?いえ、でも、ここなら美味しい抹茶スイーツの2 つや3つはメニューにあるでしょう、きっと。

紺色ノレンをくぐって店内…とっても清潔感のある、そしてアートな香りもするカフェ。

P1310731-0987

かわいいお姉さんスタッフがメニューを見せてくれながら、「まだランチだいじょうぶですよ、知覧バーガーですけど。」って!抹茶味のハンバーガー!?

P1310721-0987

抹茶スイーツの予定を急遽変更して、ランチの知覧バーガーを。ちなみにランチ時間を過ぎていても、単品でオーダーできるみたいです。

バンズに抹茶が練りこんでありました。緑色のパン。

P1310730-0987

ちょっと見慣れないルックスで、少し躊躇もしたもんですが…ひと口食べると、驚きそして感激。お世辞抜きで、これまでに食べたハンバーガーの中で一番美味しいと思いました。

このパン、お店の手作りなんだそう。スタッフさんがイチから作っているそうです。ほんのり焦げ目の香ばしさ、そして奇跡的、官能的モッチリ感!!そこにほんのりと、いやしっかりと抹茶の風味が乗っかっていて。

P1310722-0987

見た目はなかなかインパクト大ですが、本当に美味しかったです。抹茶の風味、お肉にも合うなんて!こんなの初めて!!

cafe201

鹿児島県南九州市知覧町郡13731-1

ハンバーガーの他にも、知覧茶を使ったメニューがいろいろとあるそうですよ。

全国に何人いるか分からない、抹茶風味愛好家の皆さま!鹿児島自体がバリ遠くて、なかなかオススメしきれんですが…このcafe201、本当に本当にオススメです!!

RANKOの知卵ロール

食後にはデザートを。もちろん抹茶スイーツ。その中でも定番中の定番、決定版の『抹茶ロールケーキ』を楽しみたい!

いろんな手段を使いに使って、ある情報を入手。

P1310811-098

教わった通りに車を走らせる…かなり辺鄙というか、山の中腹という感じ?「この道でホントに合っているのかなぁ?」と心配になりかけていた頃。目の前に、場違いというか何というか、とってもオシャレなお店が。

P1310832-098

『RANKO』(ランコ)っていう、タマゴ屋さんだそうです。スイーツも作っているタマゴ屋さん。店内にはかわいい雑貨と並んで、

P1310827-0987

タマゴどっさり!そして…

P1310825-0987

 

P1310830-0987

そんな新鮮タマゴを使った、とっても美味しそうなスイーツもどっさり!

アチコチ目移りしましたけど、しかし、今回の目的はコレ!

P1310818-0987

ちらんロール。漢字で書くと“知卵ロール”だそうです。自慢の新鮮タマゴ、そして知覧のお茶から作られた抹茶のロールケーキ。イートインのお客さまは知覧の緑茶飲み放題!

P1310836-0987-0987

生クリームの中の黒い粒は大納言小豆。これがまたいいアクセントに。このクリームにも、ほんのりと抹茶が加えられているみたい。濃厚なのにあと口はさっぱり爽やか。

スポンジにももちろん、知覧のお茶がふんだんに使用されていました。フンワリというよりも、しっとり&ズッシリと中身の詰まったスポンジケーキ。でも、ぜんぜん重たくはないんですよね。いくつでも食べられそう。やっぱりロールケーキは抹茶味よ!

たまご屋のSweets工房 RANKO(ランコ)

鹿児島県南九州市知覧町8067-1

他にも抹茶スイーツ、たくさんありましたよ。

P1310829-0987

私はこの焼きドーナッツ抹茶味をお土産に買って帰りました。とっても美味しかったです!

 

今回はたった3軒しか回れなくて、抹茶好きとしてはとっても心残り。。。他にも良さそうなお店がいっぱいあったんですけどね。私たち福岡県民でもなかなか行けない、九州最南端近くの街ですから、本州や四国、北海道の皆さんはもっと訪れる機会もないとは思いますが。

東京から飛行機で2時間弱ぐらい?鹿児島県は全国2位のお茶の名産地であること、そして、知る人ぞ知る、隠れた“抹茶味のパラダイス”が知覧市にあるということ、この二点は覚えておいていただけたら…と思うのでした!!

LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事一覧

福岡・朝倉地区周辺の今(2017年8月上旬)【前編】
九州には『スペースワールド』があるぞ!(1)
本当にヤバいらしい『ゆうれい寺』に行ってきました。