映像制作のボーダーレスの秘密

福岡支社
福岡支社
ご当地情報・九州編
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

夜の『飾り山』

まさか、別の福岡支社スタッフも“飾り山”の紹介をしようとしていたとは…まぁ、しかし、福岡に住めば誰だって飾り山を紹介したくなるものでしょう。

ということで、僕の方は、よりオシャレに街を照らしだす夜の飾り山を。一昨日、昨日と博多の飾り山を紹介したみたいなので、僕は天神を中心に回ってみようと思います。

天神駅を降りて…ソラリアへ

天神の駅前にも、

P1070146-1

屋台がちらほらと出ています。

P1070147-1

おぉっと!山笠の正装、法被を着た男たちも歓談中!!ボカしてますが、半分ぐらいは外国からのお客さん。イイ時に福岡に来てますね。

 

そんな天神駅前を抜けて、まず向かったのは『SOLARIA STAGE(ソラリアステージ)』。オシャレなショップやバー・カフェなどが並ぶ、天神を代表する情報発信基地のひとつです。

P1060905-1

 

P1060904-1

ずばりオシャレ空間!そんなソラリアステージの1階フロアに…

P1060908-1

すごいです!ただでさえオシャレなソラリアが、この飾り山のおかげで更にオシャレ度アップ!!近代的なインテリアに、怖いぐらいマッチしています。

P1060888-1

一昨日昨日の記事にも紹介されていた通り、飾り山には表と裏(見送り)があるそうですね。これは表側で、

P1060889-1

テーマは『風雲桶狭間』。桶狭間の合戦を描いたもののようです。

ずずっと寄って1枚。

P1060891-1

今川義元に槍を突きつけている…ということは、若き日の前田利家か森可成か。なんにせよ、とにかく美しい!の一言に尽きます。近くで見ても一切の手抜きがありません。

P1060890-1

いちばんてっぺんの、このお方こそは織田信長でしょう。カッコいい!!

このソラリアステージでは、

P1060892-1

山笠についての詳しい説明や、

P1060893-1

山笠に関わる男たちのマストアイテム・手拭い(“てのごい”と発音するのが正しいのだそうです)などの展示も充実。

なので、山笠初心者はまずこの『ソラリアステージ』を訪れてみるのがいいと思います。

新天町の飾り山

同じく西鉄天神駅のすぐ近くにあるのが『新天町(しんてんちょう)』そういえば、以前この『ボーダーレスの秘密』で一度紹介していましたよね。由緒正しい、歴史ある商店街です。

福岡のみなさんにはおなじみの、

P1070149-1

新天町の時計台の前に飾り山。

P1070150-1

大きくて…やっぱり美しいです。ベタなことしか思い浮かばなくてお恥ずかしい。裏側(見送り側)は、

P1070152-1

わーっ!サザエさんだよ!!

P1070153-1

 

P1070154-1

上の方には波平さんも舟さんもいます。タマもいました。サザエさん一家勢揃い。作者の長谷川町子さんは福岡育ち。つまり、ご当地キャラクターとも言えますね。

ちなみに、子供が担ぐお神輿(舁き山―かきやま)も、この新天町のものは

P1070148-1

サザエさんです!

エルガーラの飾り山

ラストにもう1ヶ所、エルガーラホール前の飾り山も。

P1070130-1

遠くにチラッと見えてますね、飾り山の灯りが。

P1070136-1

ううむ…改めて見上げてみると、やっぱり大きいですよね。13メートルぐらいあるんだそうです。

P1070140-1

テーマは『美の国 日本』

P1070132-1

 

P1070133-1

引いて眺めて、その偉容に目を奪われて。そして、間近で細部を見て、そのキメの細やかさに感心してしまいます。

そして、このエルガーラの飾り山のすぐお隣には…

P1070144-1

…いやいや、フランスにも、こんなオシャレな街角は無いんじゃない?と自惚れてしまうほどに、まさにテーマ通りの『美の国』日本そして福岡よ!と思いました。

まだ間に合う!?本番は7月15日!

期間中、ほとんどの飾り山には、

P1070141-1

写真の右下に、法被を着た方が立っていらっしゃいます。

皆さん交代で山の見張りというか、番をされているのですが、皆さんとても親切!山笠の由来とか、期間中のしきたりなどについて優しく丁寧に教えて下さいます。なので、山笠について詳しく知らなくても全然大丈夫。予備知識なしでも充分に楽しむことができます。

 

本番の追い山が行われるのは7月15日の早朝。15日には市内の飾り山のほとんどが撤去されてしまうそうなので…今週末ならまだ間に合います。

他府県の皆さまにも、この美しすぎる『飾り山』たちを、ぜひその目で実際に見てもらいたいと思いますね!

LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事一覧

“ネコの島”で有名な相島に春がきました【前編】
涼しさを求めて『ペンギン水族館』に(1)
“日本最古”と言われている神社(その3)