映像制作のボーダーレスの秘密

福岡支社
福岡支社
ご当地情報・九州編
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

福岡・天神のオススメスポット紹介

福岡支社の立ち上げメンバーとして福岡にやって来た訳なんですが、これまではずっと東京中心の生活で…、ほとんど九州初上陸だったんですよね。

最初は正直、けっこう戸惑いました(笑) でも今は福岡が大好きです!!

今回は、まだまだ福岡初心者の僕が、九州最大の繁華街の一つ『天神(てんじん)』のオススメスポットにご案内しましょう。ただし、【初級編】という感じ!?

ソラリアビジョン前

西鉄福岡(天神)駅の北側階段下りてすぐ、そして地下鉄空港線の天神駅を地上に上がってすぐのところにあるのが、この大きな画面。

P1000304-11

P1000369-1

天神で誰かと待ち合わせするときの定番スポットです。ソラリアビジョンというそう。「ソラリア前のモニターのところで」とか「天神の大きなテレビ画面の前」といえば、だいたい通じる場所です。

天神で誰かと落ち合うならココがおすすめ。西鉄、地下鉄だけではなく、モニターに向かって右側(東側)にはバス停もありますので、次の行動も取りやすくて便利です。

もし待ち合わせまで時間があるなら…

P1000305-11

ビジョンに向かって左側(西側)すぐのところにある新天町商店街ブラっと。

戦後まもなく作られた、歴史のある商店街なんだそうです。およそ100店舗のお店が並んでいて、とても活気があります。

P1000307-1

P1000314-1

真ん中あたりにある大時計が、商店街のシンボル的存在です。

P1000308-1

 

ここで、福岡の方に教えてもらったお店を紹介します。初級編というにはちょっとだけディープ?

商店街をまっすぐ、奥の方へと足を運んでいくと・・・

P1000328-1

「新天町社員食堂 新天町倶楽部」という看板が目に留まります。分かりにくい所にひっそりとあるんですが…そうなんです。新天町の社員食堂なんですけれど、僕たち一般の人でも入れるんです。

中はこんな感じです。

P1000316-1

P1000317-1

P1000324-1

オムライスも美味しいんですが、今回は単身赴任中の僕(独身なんですけどね)には嬉しい『和定食』を選びました。

P1000319-1

これで550円。安くてボリューム満点で、しかも美味しいんです!!

見た感じとはぜんぜん違って、意外と入りやすいんでお気軽にどうぞ!午前11:00~夕方16:30まで営業してます。

 

天神コア&パルコ周辺

またソラリアビジョンの前まで戻って、今度は天神の駅の東側にある、この建物…

P1000329-1

『天神コア』です。ひとことで言えばファッションビルで、“福岡ギャルファッションの聖地”だそうです。

そして、道路を挟んで向かい側には・・・

P1000356-1

『福岡PARCO』があります。

福岡の流行、トレンドはこの周辺から発信されているといえるでしょう。

ホント、福岡の女の人って、街を普通に歩いている人ももちろんなんですけど、ショップで働いている店員さんたち、みなさんとっても可愛いんですよね!!

…い、いや、ちゃんと服を買いに行ってますよ!そんなにキョロキョロしたりしてません(笑)

 

赤銅御殿

ここで小休止。最近プチブレイク中の、天神の隠れた名所を紹介します。

2014年に放送された、NHKの朝の連続テレビ小説『花子とアン』で注目を集めた伊藤伝右衛門の別荘“赤胴御殿(あかがねごてん)”の一部が、今でも天神に残っています。

昭和通り沿いのTULL’SCOFFEEが目印。

P1000359-1

家(別荘)自体は火事で焼けてしまったそう。でも、外壁の赤レンガの一部が残っています。ちょっと分かりにくいのでアップに。

P1000363-1

柳原白蓮と伊藤伝右衛門が実際に住んでいた『旧伊藤伝右衛門邸』も、ドラマの大人気を受けてただいま観光名所になっています。

こちらは福岡県飯塚市という天神から少し遠いところにあるので、お時間のある方はそちらもどうぞ。

 

福岡市文学館

そして、赤レンガつながりというわけではないんですが。

僕の大好きなスポットを最後にもう一つ紹介。

さっき紹介した『天神コア』を通り越して、さらに東の方へ5~6分ぐらい歩いたところにある・・・

P1000348-1

『福岡市赤煉瓦文化館』です。

元々は日本生命の九州支社があったそうで、竣工されたのは1909年。100年以上も前に建てられたものなんですよね。

仰ぎ見ると威厳を感じます。

P1000344-1

今は図書館や会議室として一般開放されています。

内装も、出来る限り当時の雰囲気をそのまま残しているそうです。

P1000345-1

P1000346-1

すごく頑丈そうで無骨なんだけど、どことなく上品っていうか、エレガントな感じがしませんか?

この文化館、ちょっと視線をずらしてみると・・・

P1000355-1

オフィス街のど真ん中にあるんですよね、この赤レンガの建物が。そして、別に違和感もなく、なんとなく街の風景に馴染んでいるというか、溶け込んでいるというか。

こんな風に、なんでも広く受け入れてくれて、そしていつの間にか一員にしてくれるっていう大らかな雰囲気…いいなあ福岡。

 

いかがでしたか?

僕はまだまだ福岡の初心者。でも、支社のスタッフたちやクライアントさんたちといっしょに、どんどん僕の知らない新しい福岡の街を開拓していってます!

機会があれば、今度はもうちょっとディープな福岡の観光スポットを紹介していきますのでお楽しみに!!

 

(※店舗の案内、料金・サービス等は2015年2月現在のものです)

LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事一覧

福岡・朝倉地区周辺の今(2017年8月上旬)【前編】
ネコの楽園!『相島』を完全攻略したい(5)
福岡の『カキ小屋』を紹介したい!【後編】