映像制作のボーダーレスの秘密

編集部
編集部
ご当地情報・九州編
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

熊本県の『杖立温泉』でプリンの食べ歩きをしてきましたよ!(後編)

>前編はコチラ<

 

ただいま『ひぜんや』さんの“王道・たまごプリン”と、『白水荘』さんの“和風テイスト・あんプリン”の2つを頂きましたが。

いや~、まだまだ食べられますね!どちらのプリンもすごく上品な味で、くどい甘さがありません。なので、いくつでも食べられる感じ。

仕事の帰り道なので、時間があまりないのですが…もうちょっと食べたいですね。先を急ぎましょう!

 プリンだけじゃない?

次のお店を探しつつ、キョロキョロしながら川べりを歩いていると、

P1050059-1

うわぁ壮観です!こんなにたくさんの鯉のぼりが!!

なんでもこの杖立温泉は、鯉のぼりでも有名なんだとか。毎年ゴールデンウィーク頃には『こいのぼり祭り』が開催されるそうですよ。

こんなにたくさんの鯉のぼりが泳いでるのを見るなんて、生まれて初めてかも!?

そしてそして…

P1050061-1

温泉街だから当たり前のことなんですが、旅館とは関係なく入れる共同温泉、いわゆる『外湯』もありますよ。

この薬師湯は入湯料なんと200円。安っ!!

この杖立温泉、源泉の温度は100℃近いという純然たる天然温泉。プリンだってだいたい1個200円~300円ぐらいだし、しかもこんな上質のお湯に200円で入れるなんて。ホント、いい街です。

 

…ちなみに、この『杖立』という名前は、「杖がないと歩けないような重病の人でも、ここの温泉に入ったら、帰る時には杖をどこかに忘れてしまう」っていう言い伝えから来ているんだそうな。

そんなに身体にいいお湯なのでしょうか?せっかくなんで温泉にも入りたいなぁ…

 

 3軒目・・・『大自然』 

で、次に訪ねたのがこちら。

P1050044-1

ん!立派な旅館です。名前は『大自然』

P1050043-2

プリンもあります。温泉だけの利用もOKみたいですね。

スタッフの方に「取材させてくれませんか?」とお願いすると、

P1050045-1

「おーおー、それはそれは、ぜひぜひよろしくお願いします!!」と快いお返事。ありがたいです…意外と嫌がられたりすることも多いので(笑)

この『大自然』のスタッフの皆さん、とにかく元気がよくて、しかも凛とした態度で接客されていました。ううむ、プロ集団です!ちょっと感動しました。

 

感動ついでに、ここではプリンだけでなく、お風呂にも。

P1050035-1

この畳の奥に温泉があるんですが、

P1050034-1

室内にホコリひとつ落ちてませんでした。完璧です。

お風呂もとてもキレイでしたし、お湯も最高!!いや~、本当に気持ちよかったです。

 

で、サッパリした気分で、お風呂上がりのプリンはこちら。

P1050040-1

じつはこの『大自然』さん、前回紹介した『ひぜんや』さんと同じ系列の旅館なんだそうです。なのでプリン自体は同じもの。

ですが、上にかかっているカラメルがぜんぜん違うんです。コチラは透明でサラッとした感じ。そして、何というか、とっても不思議な甘さなんですよね。ふんわりと柔らかい甘味の中に、ちょっとだけ爽やかな酸味があるというか…少し蜂蜜っぽい?違うかなぁ?

もちろん最高に美味しかったです!こんなスイーツもあるんだなぁって、嬉しい気持ちにもなりました。

 

そして…

P1050039-1

プリンを用意してくださった女性スタッフさんも最高!振る舞いもバッチリだったし、しかもとっても可愛いかったし!!

 

 

また行きたい!杖立温泉 

ここでタイムアップ。なんせ仕事の帰り道でしたから、時間があまり取れなくてホント残念です。

 

結局、プリンは3ヶ所でしか食べることができず。

無題

パンフレットにはこんなにたくさん載っているのになぁ。

ほんと、また来たいなぁ、そのうち全店制覇してやる!なんて思いながら、後ろ髪引かれる思いで帰りましたよ。。。

 

今度は休みの日に来よっと♪

LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事一覧

小学校の頃に習った『出島』って、こんなトコロでした(3)
ホワイトデーの起源が福岡・博多にあるということ、ご存じでした
安倍晴明が掘った井戸を見てきたよ(福岡県太宰府市)