映像制作のボーダーレスの秘密

編集部
編集部
ご当地情報・西日本編
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

謎の広島B級(?)グルメ「はぶて焼き丼」

初めての街や、めったに行けない土地に来たら、できるだけ“ご当地グルメ”的なものを食べて、インプットの足しにしようと心がけてはいるのですが。

プライベートな旅行ならともかく、仕事の場合はなかなか思い通りにコトは運ばない…スケジュールに追われて、結局は手近な全国チェーンのファミレスとか牛丼屋さんなどに入ってしまう事多し。なんだかもったいない気もするのですが、仕方ない。

DSC_5228-098765

しかし。近ごろは道の駅とか高速道路のサービスエリアなどでも、かなり本格的なご当地グルメが楽しめたりしますよね。移動の合い間にササッと立ち寄れて、ついでに地のモノを味わえて。とっても嬉しいサービスだったりします…ということで、去年訪れた、広島県の高速道路内の『宮島サービスエリア』での話。

DSC_5227-09876

ロケハンに次ぐロケハン、レンタカーの契約や帰りの新幹線の時間も気になるし。せっかく広島に来ているんだから、本場のお好み焼きとか尾道ラーメンなど食べてみたいと思っていたんですけど…ん?広島『はぶて焼き』丼って??

DSC_5225-098765

『西イチグルメ決定戦・準グランプリ』に輝いた一皿…いや、丼ならばヒト鉢というべきか。で、西イチグルメって何??

詳しいことはよく分からないのですが、どうやら「シーフードを使ったご当地B級グルメ」であることは間違いなさそう。カツ丼とかカレーなどをオーダーするよりかは、幾分エトランゼ気分を味わえようというもの。

P1600111-00987

というわけでオーダーしてみました、こちらが広島名物(?)の『はぶて焼き丼』だそうです。

DSC_5221-0098765

アナゴらしき細長い魚、ハミ出してます!瀬戸内のウマ味満載の丼か。

運んできてくれた店員さんに、「はぶて焼きって何ですか?」と尋ねてみると、「煮魚を焼いたもので、広島の郷土料理なんです。」というお答え…

P1600113-009876

煮た魚を焼く!?『煮魚を使って焼き魚を作る』ということですか??

訝しがる僕を無視するかのように「まずはそのまま食べていただいて。その後、お好みでタレをかけて食べてください。そして、最後はこのダシでお茶漬け風にしてお召し上がりください。」と、なんだか機械的に説明する店員さん…名古屋名物の『ひつまぶし』みたいな感じ??

P1600133-009876

とりあえず、言われた通りに。まずはそのまま食べてみることにします…ぱくりとひと口。おお、なんじゃこりゃ?これまでに経験したことのないような新感覚シーフードです。

P1600131-0098765

なるほど、ただの煮魚でもないし、もちろん焼き魚でもないです。煮魚の甘味やウマ味が焼き固められ封じ込まれている感じ。そこに焼き魚ならではの香ばしさが加わっています。

そのままちょこっと食べた後、店員さんにオススメされた通りにタレをザッと掛け回して

P1600136-009876

たぶん、このタレは煮魚を作ったときにできた煮汁をベースにしたものだと思います。これをかけただけで、今度は煮魚感がアップ。

P1600137-009876

見た目がちょっと下品ですが、あえてグチャグチャにかき混ぜ、ドンブリ感もアップさせて。これがまためっちゃ美味しいのだ!!

そしてそしてさらに、最後にこのダシを。

P1600128-09876

ワサビなどの薬味を加えて、ダシ茶漬け風にして…

P1600142-009876

見た目はさらに下品になってしまいますが。

P1600145-009876

煮魚の旨味に焼き魚の香ばしさ、そしてダシの香り。瀬戸内の魚の濃厚な旨味がジュンと滲み出る究極のダシ茶漬け。

P1600147-009876

なんというウマさよ、はぶて焼き丼!ヨイショでもなんでもなく、去年一年間で食べたもの中で一番美味しい料理…いや、ここ2~3年の間でも一番だったかも!?

正直なところ、注文するときには内心「ご当地B級グルメブームを当て込んで、テキトーな料理をデッチ上げて名物風に仕立ててるだけなんでしょ?」なんて思ったりしてたもんですが。

DSC_5219-09089787

参りました。完敗です。日本にはまだまだ僕の知らない、こんなにも美味しい郷土料理があるということか…

P1600153-009876

この日以来、しょっちゅう『はぶて焼き』または『はぶて焼き丼』という言葉をググりまくり検索しまくり。こんなにも美味しいのだから、東京でもどこかのお店で食べることができるはずだと思っていたのですが。

いくら調べても、せいぜい「広島の郷土料理」とか「“はぶてる”とは、広島弁で“ふてくされる”とか“ふくれっ面する”という意味」ぐらいしか引っかからないし。
広島県出身者に尋ねてみても、返ってくる答えは「えーっ?聞いたことないですねー」とか「ケンミンショー的な番組で紹介されていたかも?」だとか、そんな感じのものばかり。。。そんなにメジャーな料理じゃないのかなぁ?

DSC_5226-009876

しかも、ご当地の広島でも、この『はぶて焼き丼』を出しているのは、どうやら山陽自動車道・宮島サービスエリアの“下り線”だけみたい。まさに知る人ぞ知る、まぼろしクラスのB級地元グルメなのでしょうか?藤井料理長もイチ押しだというのに…藤井料理長って、誰?

 

そんなこんなで、夢にまで出てきそうな勢いの広島ご当地グルメ『はぶて焼き丼』。ああ、できればもう一度味わってみたいのですが。そのためにはまた広島まで行かなくちゃいけないのでしょうか…?

LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事一覧

神戸のロック&アートを見守る『ミナエンタウン』【前編】
大阪・十三で『ポテトカレーそば』を食べてきました(後編)
大阪の新名所『エキスポシティ』に行ってきました(3)