映像制作のボーダーレスの秘密

岡本 良太
岡本 良太
ご当地情報・西日本編
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

俳優・タレントを目指す人に!柴右衛門タヌキ様(後編)

>前編はこちら<

 

こちらが柴右衛門狸さま…

P1130858-1-1

のイメージ(?)

関西の大物俳優さんたちの寄進によるご本尊は、

P1130842-1

この奥にいらっしゃるそうなのですが、写真をご覧いただければお分かりいただけるように、この取材は今年1月のことであり、新年のご開帳を終えられて、今はどうやらお休み中のご様子。。。

P1130846-1

 

P1130847-1

とはいえ、僕は俳優やタレントを目指しているわけではないので、この可愛らしい柴右衛門タヌキさまを拝めるだけで嬉しくなります。

P1130878-1-1

足湯も楽しめます!

洲本八幡神社を出ると、目の前には足湯”が。

P1130893-1

昨日の【前編】に掲載した写真の通り、この辺りには『洲本温泉』があり、僕たち神戸っこにとっては穴場的日帰りリラクゼーションスポット。

P1130892-1

もちろん無料です!

そして、ここにも…

P1130901-1

お芝居大好き、柴右衛門狸さま。笑顔がキュートです。

 

おそらく、全国的に見ても珍しいケースのように思います。

例えば狛犬や狐、あと菅原道真公を祀る天満宮の牛などは、あくまでも「神様のお使い」です。

 

でも、この柴右衛門狸さまは、
おそらく妖力を持っておられたとはいえ、タヌキです。

 

このように、動物がご神体として崇められている神社って、あまり聞いた事がないんですよね。

P1130898-1

 

P1130896-1

気持ちいい足湯に浸かりつつ。

帰り道には、

P1130905-1

山頂の洲本城を車窓から眺めつつ。

 

お芝居が大好きなタヌキを俳優・役者の神さまとして崇めてお参りするなんて、なんとシャレの利いた、素敵な神社なんだろうと思いながら、

P1130917-1

洲本を後にしたのでした。

LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事一覧

牛骨スープのヤミツキ系『下松ラーメン』はいかが?【後編】
激ウマなポン酢を求めて…大阪の『勝貴屋』
広島・呉の、“呉らしい”イルミネーション【後編】