映像制作のボーダーレスの秘密

ボーダーレス クルマ部
ボーダーレス クルマ部
エンタメ
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

久々に“痛車”イベントに遭遇!

ロケハンの合間にウロウロしていたら、公園みたいになっている広場で、何やら集会のようなコトが行われていました。

DSC_0345-09876

若い男女がいっぱい。バイクとか、よく見たらクルマもいっぱい。

近付いてみると、

DSC_0238-0987

FDセブンのボンネットにオンナの子。

DSC_0281-0987

GT-Rに描かれている、これはお姉ちゃんのほう?(すみません、アイマスよく知らないんです)

これは…ひさびさに遭遇した“痛車”の集会ではないか!!

ガールズ&パンツァー

当方クルマ部所属、自動車は大好きでアニメは嗜む程度ですが。

DSC_0242-0987

ガールズ&パンツァー。これはよく知ってますよ、西住まほ。

DSC_0245-0987

軽のカプチーノに重戦車のティーガー、悪くない取り合わせ。ボディもこんな感じ。まほたんのポーズ、ドアの面積にうまく納めてるなぁと感心してしまいます。

そのすぐそばで、カーオーディオからガンガンに“カチューシャ”が流れている…もちろんAKBのEveryday~じゃなく、ロシア民謡のほう。

DSC_0224-0987

アコードのユーロR、完全にプラウダ高校仕様になってます。

DSC_0230-0987

カチューシャとノンナの戦車行軍シーンは名場面だと思います、本当に。

DSC_0236-09876

セリカのGT-FOURは、あんこうチーム。久しぶりにガルパン第1話から観直しましたよ、マジで。大洗にも行きてぇ!!

『艦これ』も

こちらも多かったです、ご存じ

DSC_0330-0987

艦これ。艦隊これくしょんです。

DSC_0336-09876

CR-Zには島風。最速駆逐艦!

ランクル60には、

DSC_0337-0987

初月さん。メガネに四連装魚雷が可愛いです。痛車界では駆逐艦が人気なのでしょうか?

DSC_0340-0987

四駆ではアピールしにくいはずのボンネットにも、ちゃんと描いてあったりして。この辺りに強いコダワリ感じます。

ちなみにこちらのランクル、内装にもコダワリが…

DSC_0339-0987

観音開きのバックドア、リアから見て右側は初月さんでしたが、左側はこんな風に。けもフレのハシビロコウちゃんになってました(笑)

ラブライブも!

こちらもおなじみ、ラブライブ!

DSC_0209-0987

すごい美ボディのS13シルビア。まずベース車のコンディションをキープできているところがスゴイ。僕なんかマイカーのボディ傷だらけだし、ここ1年ぐらいはマトモに洗車してませんから…頭が下がります。

DSC_0208-0987

みかん色なボディが目を引く…目立つなぁ!

ほとんどのクルマが、絵の構図や車体とのバランスに気を遣っているなぁと感じました。ただ単に「アニメキャラクターの絵を描いている」というものではなさそうです。しかも、車体って基本は曲面ですから、うまく描かないと歪んだ顔になってしまうはずだし。

DSC_0221-0987

アリストはボンネットが大きいので、絵力もハンパないですね。

DSC_0326-0987

どうしても関西弁が気になってしまう彼女を纏うCX-3や、

DSC_0206-9876

と、μ’s推してるクルマもけっこう出ていましたよ。

懐かしのキャラクターも

他にも、

DSC_0305-0987

ボカロなお二人。初音ミクと鏡音リンや、

DSC_0314-0987

アルトにばくおん!!の鈴乃木凜。

DSC_0311-0987

アルトだけに…

そしてこれ、実車はものすごくキレイでしたよ、懐かしめのキャラクターも。

DSC_0317-0987

うる星やつらのラムちゃん。ビューティフル・ドリーマー、押井守監督の名前を最初に知ったのはこの作品でした。

DSC_0320-0987

ベース車はサニートラック。車体一面がこんな感じ。シャレ効いてます。

さらに、これを痛車のデザインに採用するのって、ちょっと珍しいのでは!?

DSC_0284-09876

スレイヤーズ!すみません、アニメは観たことないんですが、その存在はもちろん知っています。小説のほうが有名でしょうか?

DSC_0287-09876

 

DSC_0289-0987

ベースは180SXのはずですが、もう原型が…別のクルマに仕上がってる?

DSC_0285-0987

林原めぐみさんとは1,2度お仕事ご一緒させてもらったことがあるのですが、ホントにイイ方でした!!下のサインって直筆なのでしょうか??

DSC_0301-0987

リアウィンドに刻まれた文字。スレイヤーズ好きな方によると、この呪文(?)みたいな言葉こそがキモなんだそうな…アニメ観てみることにします。

 

他にもまだまだ、紹介したいクルマはたくさんあったのですが、スペースの都合で割愛せざるをえなくて残念!

DSC_0249-09876

クリント・イーストウッド監督・主演の映画『グラン・トリノ』のセリフに、「ペンキで車体に炎など描かぬこと」というのがありましたが…クルマ好きの方の中には、痛車に対して偏見というか、嫌悪感を持たれる方もいらっしゃると思います。

DSC_0244-0987

個人的には、「こんなカタチの“クルマ愛”もあるのか!」と感心してしまうのです。車体はどれもピカピカに磨かれているし、何よりも、単純に『愛車にお金を掛けている』し。

DSC_0204-11233

痛車に遭遇するたびに、「オレもたまにはワックスがけしなくちゃなぁ」などと、ドロドロに汚れたままの自分のクルマの姿を思い浮かべて、反省してしまうのでした。

LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事一覧

心霊スポット『ゼロ戦墓地』は、あまり怖くなくなっているそうで
年末ジャンボ宝くじ、ちょっとだけマジで当ててみたい【その3】
元祖・日本の夏カクテル『柳蔭』を再現!【前編】