映像制作のボーダーレスの秘密

福岡支社
福岡支社
エンタメ
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

夏目友人帳の聖地巡礼【祝!映画化!!】(その2)

>その1はこちら<

前回は大畑駅と、貴志くんが妖たちと影踏み鬼をした神社だけで終わってしまいました…まだまだいっぱい聖地を回ってきたので、駆け足気味に他の場所も紹介していきたいと思います。

晴山(はるやま)バス停

続いて訪れたのは、第二期(続)のオープニングで田沼くんが、

P1580131-098765

仙台のスカパンクバンドLONG SHOT PARTYが歌う『あの日タイムマシン』をバックに、ホッと白い吐息をもらすバス停…大好きだったんですよね、ロングショットパーティー。ライブも何度も観に行ったし。なんで解散してしまったんだよ!…ということもあって、第二期のオープニングには思い入れが特に強いです。

P1580123-009876

晴山と書いて、読み方は『はるやま』。国道445号線沿いにあるので、簡単に見つかりそうなものですが…ここに辿り着くのはけっこう大変でした。この周辺には同じような形をしたバス停がとっても多いんです。五期の第2話『悪戯な雨』に出てきたような、あんな感じのバス停が。

P1580132-09876

あっちこっちウロウロして、ようやく辿り着けた晴山のバス停。中はこんな感じ。聖地だからって、特別にリフォームされていたりはしません。アニメの雰囲気そのまま。

P1580118-09876

とはいえ、友人帳はちゃんと置いてありました。中をチラ見…

P1580120-09876

沖縄から巡礼ってスゴい!そしてニャンコ先生のイラストかわいい。さすがに名前は書いてませんね、まあ当然です。命を預けたも同然ですからね。

P1580128-09876

バス停の前はこんな雰囲気。建物らしいものはごくわずか、遠くに山がそびえていて、すぐそばに川が流れていて。もし天気が良かったら、貴志くんや西村やタキさんが歩いてくるんじゃないか?そんな錯覚に陥りそうなロケーションです。

ただ、一点だけ残念だったのは…バス停内のベンチや壁のあちこちに『落書き』されているんですよね。ニャンコ先生の似顔絵とかですけれど。それはちょっと、正直シラけました。聖地である以前に、町の人が使う公共の場所なのに。風情のあるベンチや壁が、落書きのせいで塗り替えられたりしたら悲しいなと思いました。

晴山バス停

おお、すごいぞ!グーグルマップにも『夏目友人帳』って表示されるではないか!!

DSC_4829-098765

ちなみに、ここにも記念スタンプありますので、押し忘れのないように。ちょっと潰れてしまってて、ニャンコ先生のお腹以外は分かりにくいですけれど。

藤田商店

最後にもうひとつ。

P1580320-009876

オリジナルOVAの『ニャンコ先生とはじめてのおつかい』などでおなじみ、三ツ森ストアこと藤田商店。あのアニメと同じようにローカル色満載というか、まわりにお店はココ1軒だけというような場所にポツンと存在していました。

ここも、いろんなファンサイト等で聖地として紹介されていますけれど。外観の写真だけのアップに止まってることが多いような。

DSC_4750-098765

いや、その気持ち、よーく分かります。はっきり言って常連さんというか、この周辺に住んでいる人以外は店内に入りにくい雰囲気がプンプンしていますもんね。我々も恐るおそる入店(もちろん許可は取りましたし、他のお客さんがいない時を見計らって写真撮りました)

DSC_4754-098787

 

山村でちょくちょく見かけるような、いわゆる“なんでも屋さん”です。だいたいの日用品はココで揃うタイプ。そりゃ、まわりにコンビニとか1軒も見あたらないですもんね。この辺りに住んでいる人にとっては命綱的独占企業でしょう!

DSC_4758-09876

生鮮食品や冷凍モノも充実。幼い兄妹がお使い頼まれていた、ハムと牛乳と竹輪もありそうな感じ。名取さんも大好きなパクリンチョコは…と探してみましたが、どうも取り扱っていないみたい(あたりまえ)。

DSC_4744-00987

歴史をヒシヒシと感じさせてくれる、薬師丸ひろ子さんの広告ポスター。サントリーのCMの、おそらく30年ぐらい前のものかと。ヤクルトの赤鬼ボブ・ホーナーと一緒に出ていたヤツでしょう、たぶん。

DSC_4743-098765

そして、そのすぐ側には、春の『人吉お城まつり』ポスターと、毎年描き下ろしのオリジナルデザインが好評の『人吉花火大会』ポスター。このポスター、希望者には抽選でプレゼントされるのですが…いつも凄まじい倍率!夏目ファンには垂涎モノの激レアなブツです。

DSC_4765-09876

こんな感じで、夏目友人帳関連のグッズあれこれもディスプレイ、

DSC_4767-09876

そして、写真撮りにくい場所に飾られていたので、あまり鮮明ではないのですが、アニメのワンシーンの三ツ森ストアも。実物の店内にいながら、アニメの外観を眺める…なんか不思議な感覚です!

DSC_4746-09876

そうそう、夏目友人帳の聖地、人吉~八代あたりの名物として有名なのが球磨焼酎。お米を原料に使った、いわゆる米焼酎です。この写真には芋焼酎が多いけど。

DSC_4748-098765

これは日本酒っぽいですが、「にいだ しぜんしゅ」って!?手描きっぽいラベルがステキすぎ。藤田商店にはこんな感じの珍しいお酒も置いてありましたよ。聖地巡礼のお土産に何買おうか迷ったときは、球磨の地酒なんていかがでしょう?

DSC_4760-098765

お酒がダメな人には、この藤田商店オリジナルのコーヒーがオススメ。これ買って帰ったんですけど、とっても美味しかったですよ!

P1580321-009876

ちなみにこの藤田商店内にあるカフェスペースでも飲めるそうです。球磨地方のお土産を物色しつつ、コーヒー飲みつつ聖地巡礼の思い出を整理しつつ…藤田商店で旅の締めくくりをするのもいいと思います。

9月29日(土)公開です!

他にもいろいろと巡礼してきたんですが…

P1580134-009876

たとえば、塔子さんが買い物していた『スーパー高居』のモデルになったとされているAコープとか、

P1580113-0987654

第四期オープニングをはじめ、ちょくちょく登場しているように思う雨宮神社。幼き日の貴志くんが、妖を恐れて猛ダッシュで駆け下りる階段。実物をこの目で見ると、「こりゃ走って降りるのは無理だ!」と思うはず。めっちゃ急な勾配!

P1580106-098765

ちび貴志くんが膝を抱えて座っていそうな拝殿。

P1580091-009876

で、その前に何本も横たわっている茶色の物体。これ全部、木の根っこです。怪しいというか、正直なところ少し不気味な感じも。いかにも妖が住んでいそうな森に囲まれています。

他にも巡礼してきた聖地はいっぱいあるんですが、それはまた機会があれば。天気が良ければもっときれいなんですけどね…残念です。

 

夏目友人帳を観て、人吉や八代といった“球磨地方”のことを知った人も多いかもしれません。福岡に住んでいる私たちでさえも、熊本市内に行くことはあっても、球磨あたりに行く機会はそうそうありませんし…九州以外に住んでいる人なら尚更でしょう。

P1580103-009876

でも、せっかく知ってしまったのなら、それもきっと何かの縁でしょう。人と妖みたいなものかも?夏目友人帳が好きな人には、ぜひ一度この地を訪れてもらいたいと思うのです。

そうそう、くどいようですが。「劇場版 夏目友人帳~うつせみに結ぶ~」は、9月29日(土)公開!いよいよ今週末に公開です!!

LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事一覧

プロに聞いた、けっこう本格的なマサラ・チャイの作り方【その1
映画で見る『バンドブーム』 (その2)
【バンドブーム】アイドル的な支持を得ていたバンドたち 前編