映像制作のボーダーレスの秘密

編集部
編集部
エンタメ
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

昭和7年ごろの、小学生の『夏休みの宿題』(たぶん)

古本屋でこんなものを買ってみました。

P1560645-00987

尋常小学校の『夏期学習帖』というタイトル。店員さんにいろいろ尋ねてみたのですが、「よく分からない」とのこと。ただし、何かの付録などではなく、当時の小学校で配布されていた宿題の一部であろう、ということ。

この日は何冊もまとめて古本を買ったので、いくらか値引きしてもらえました。なので、この学習帖の値段はよくわからないのですが…たしか400円か500円ぐらいだったはず。

昭和7年の夏休みの宿題?

改めて表紙をよく見てみる。

P1560690-000987

尋常小学校の第2学年と書いてあります。尋常小学校というのは、明治時代から、いわゆる“6・3制”が始まる1947年まで存在していた(1941年に『国民学校』と呼び名が変わったそうです)義務教育期間のことみたいです。

P1560655-000987

裏表紙には『昭和7年』と書いてあります。尋常小学校の制度は何度か変更されているそうですが、この年代なら現在の小学校とあまり変わらないシステムのはず。つまり、尋常小学校第2学年ということは、今の小学校2年生と同じ年齢だと思います。

そして、名古屋の文字もあちこちに。中部地方の小学校で使われていたものみたいですね。

P1560651-000987

学習時間表の横には野球少年たちの姿。見事なトルネード投法!この頃は野球が少年たちの遊びの中心だったみたいですね。ちなみに日本にプロ野球が発足(読売ジャイアンツの結成)したのが1934年、昭和9年のこと。つまり、まだこの時にはプロ野球は存在していないことになります。

なので、この少年が被っている野球帽の“W”のマーク、これはたぶん当時人気のあった大学野球の、早稲田のことではないか?と…大洋ホエールズではなく。

 

そんなことはどうでもよくて。

P1560657-0009876

ここに『定価』が書かれているんですよね、4銭と5銭。使える日にちの長さによって値段が違うみたい。ということは、ひょっとしてコレ、本屋さんとかに売られている問題集とかドリルみたいなもの?それとも、学校で買わされたりしたのかな?謎は残ります…

味わい深い挿絵の数々

謎を引きずりつつ、中身をパラリとめくる。ぶ厚い、なかなか上質な紙が使われています。80年以上も昔のもの、しかも小学2年生が使っていたとは思えない良好な保存状態。

P1560659-0009876

『本帖の特色』には、“先生と保護者の方へ”と書かれています。やっぱり尋常小学校で使われていた教材なのかなぁ?

まぁ、それはひとまず置いておいて。『こころえ』に書かれている言葉に注目。

朝は早く起き、夜も早くお休みなさい

毎日、決まりよく“おさらい”をしなさい

家のお手伝いをしなさい

危ない遊びは止めなさい

食べ物に気をつけなさい

よいお友達と、お遊びなさい

読みにくいので漢字を交え、一部を現代仮名遣いに変えましたが。80年以上も変わることのない、小学生に対する夏休みのお説教。いつの時代も不変のテーマみたいです。でも、ものすごく丁寧な、優しい言葉遣いなのがちょっと感動。

P1560661-009987

夏休み初日はいきなり“修身”。今でいう道徳に近いもののようです。

『あなたはどんな事をして両親を慰めますか?』『親類の子供がいらっしゃった時、どうしてあげますか?』…とても7歳の子供に対する質問とは思えない!今じゃちょっと考えられません。戦前の子供たちは、日常から厳しく躾けられていたんですね。

P1560669-000987

『づぐわ』!?いったい何の勉強だコレ!?…たぶん『図画(ずが)』でしょう。写生しなさいって書いてあるし。色塗りもしなきゃいけないようですね。

しかし…この農村の挿絵、なんとも味わい深いです。

P1560681-000987

他のページにはこんな絵も。馬に乗っているおじさんの表情がステキすぎ。

P1560697-000987

スイレンの葉のまわりで遊ぶカエル。枠線のデザインが秀逸。手描きの味。

P1560699-009876

柱で背くらべするお姉さんと弟か。シンプルな線に愛嬌ある表情、帯のシワまで丁寧に描かれていて。こんな挿絵がいっぱい載っています。

何度も書きますが、これは昭和7年・1932年のもの。今から86年も前の教科書です。今や世界中で評価されている日本のマンガ。その源流を見たような気がします。

難しい問題も…

最初の修身も難問でしたが、

P1560683-0009876

今でいう国語の勉強でしょう。読み仮名を付ける問題、小学2年生にしてはかなりハイレベルなように思うのですが。僕の頃はもっと簡単だったとはずだけどなぁ。しかもこれ、テストとかじゃなく、夏休みの宿題だし。

P1560673-009876

“さんじゆつ”は、おそらく今の算数でしょう。2ケタの足し算引き算と、文章題は読みやすく変えますが『50銭持っていって、37銭の鉛筆を1ダース買いました。お釣りはいくらか?』…これも今と変わらないか、ヘタしたら今の小2の宿題よりも難しいかも?

P1560705-0009876

当時は『手工(しゅこう)』という、今でいう工作の授業もあったそうです。男の子は竹で水鉄砲を、女の子は紙で人形に着せる服を作らなきゃいけないみたい。夏休みの工作ですね。竹筒で水鉄砲って!YouTubeで動画見ながらとかじゃないと作れませんよ、オッサンの僕でも。

P1560675-009876

今でも難しいような問題ばかりかと思えば、こんな『夏休みの思い出』の作文も。これは今も昔も変わらない、宿題の定番みたいですね。

おまけに問題も?

今から80年以上も前から『夏休みの宿題』があったことに、まず驚きましたが。その内容がとてもハイレベルなことにも驚き。

P1560678-09876

『キャンプ』なんて、もうこの頃からあったんですね!いろいろと勉強になるなぁ。

学生の頃は、8月の終わりごろにヒイヒイいいながらやっていたもんです。今も昔も変わらず、夏休みの宿題ってメンドくさかったんでしょうね。。。

 

と、いうところで、オマケ。

P1560687-00987

昭和7年版・おそらく名古屋あたりの尋常小学校『夏期学習帖』の、これが最終日の宿題。この絵の中に平仮名がいくつか隠されているそうです。

お時間ある方、当時の尋常小学校2年生になった気分で探してみてくださいね!(残念ながら、答えは載っていませんでした…)

LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事一覧

『狂い咲きサンダーロード』の上映会に行ってきました
お気楽に観れて、実は奥が深い?『平成ライダー対昭和ライダー』
ハンパない!大迫磨崖仏