映像制作のボーダーレスの秘密

岡本 良太
岡本 良太
ご当地情報・東日本編
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

東のお笑いの聖地・浅草六区をブラブラと[Part 3]

>パート1はコチラ<

>パート2はコチラ<

 

お腹も空いたし、歩き疲れもしている…そんなときに耳に入ってきた「お笑いライブやってま~す!」の声。

P1040747-1

『浅草リトルシアター』!?“世界で一番小さな劇場”??

 

呼び込み&チラシ配りをしていたお兄さんにお話を伺ってみると、所属事務所の枠を超えた、若手芸人さんたち中心のお笑いライブ会場だそうで。

お昼ごろから夕方まで、何組もの芸人さんたちが交代でフレッシュなコントや漫才なんかをやっています、とのこと。

で、入場料は「1日」1500。つまり、一度1500円払えば、その日の内なら何度でも出入り自由なんだとか。

浅草観光の休憩スポットにも使えるじゃないですか!しかもお笑いライブも観れるし。

「お腹空いてらっしゃるんですか?じゃあコンビニかどこかでお弁当でも買って、中で食べてもらっても問題ないですよ。」って本当ですか??自由度高すぎ!!

 

呼び込みをされてたこの方も、

P1040714-1

『百楽門』というコンビで活動中の若手芸人さんです。

 

明日のスター候補たち

会場に入ると…たしかに狭い(笑)20~30人ぐらい入れば満席という感じ?

でも、拍手も届くし顔もバッチリ近くで観れるし、これこそ“ライブの原点”というような気もします。

司会進行も若手の芸人さん。

P1040717-1

『ゾフィー』というコンビだったんですが、この二人がとっても面白かったです!!

司会の時のフリートークも面白かったし、本芸のコントも、

P1040740-1

すごく緻密なネタで完成度高すぎます!!

ただいま所属事務所を探している最中だそう。いやもう、すぐにでも売れっ子になりそうな感じなんですが…って、実はそんなにお笑いに詳しくはないんですけどね(笑)

 

そして、この方も面白かった!

P1040734-1

サンミュージック所属の『ロリィタ族。』さん。

すごく可愛らしいのに、ネタはかなりブラックな味わい。

ジッタリン・ジンの「プレゼント」のカラオケに乗せて、“男性芸人と付き合ったあるある”をフィリップで紹介。

最後にはその男性芸人さんたちの実名を暴露!僕も他のお客さんも大爆笑でした。

 

「サザエさん」のタラちゃんのモノマネをしながら、かなりキワドいことを言ってしまう、

P1040726-1

『海山昆布』さん。この方もサンミュージック所属のピン芸人さんです。

 

先ほど呼び込みをされていた、

P1040728-1

『百楽門』さん。こんなに凄く完成度の高いシュールなネタを作っているんだから、すぐにでも超売れっ子になれそうな気がするんですけどね~!

 

他にも面白い芸人さんたちがいっぱい。若手芸人さんのライブということですが、もうほとんどブレイク待ちっていう感じの人たちが多くて。

…実名はあえて伏せておきますが、今やゴールデンタイムによく見かける某コンビも、一時はテレビで見ない日がなかった某ピン芸人さんも、かつてはこの『浅草リトルシアター』の舞台に立っていたんだとか。

もしかしたら、この中から明日のスターが誕生するかも!?ですよ~!

 

支配人さんも素敵すぎ!

途中で10分の休憩が入りました。出入り自由ですから、僕も他の観客も外に出て、芸人さんたちとお話したり写真撮ったりと自由自在です。

で、僕が建物の外観を撮っていたら、「おっ!?いいカメラ持ってんじゃんか!」と、気さくに話しかけて下さる、でも金髪で少し恐い感じ(?)のお兄さんが。

話を聞いてみると、なんとこの『浅草リトルシアター』の支配人さんでした。

せっかくなので「写真撮ってブログに載せてもいいですか?」と尋ねたところ、

P1040749-1

「おっ!いいよいいよ!!さあ撮ってよ。でも、オレなんかよりさぁ、若いあんちゃんたちを紹介してやってくれよな。おーい、お前ら、こっち来て撮ってもらえよ!」

…本当に、浅草の伝統を守っていらっしゃるというか。芸人さんを育む土壌を見た気がして、ちょっぴり感動してしまいました。

 

もう少しだけ、明日のスター候補たちを

せっかく支配人さんが「若い芸人を載せてやってくれよ!」と言って下さったんで、もう少しだけ、面白かった芸人さんたちを紹介。

P1040759-1

休憩明けの次の回の司会進行は『こぶし』のお二人。フリートークはもちろん、

P1040800-1

コントも桁違いに面白かったです。売れっ子芸人になってほしいです。いや、そうなるべきな人たちだと感じました!!

 

そして、ピン芸人の、

P1040792-1

石井光三オフィス所属の『三島ゆういち』さん。

なんていうんでしょうか、スベリ芸?というか、独特のテンション芸?というか。正直、最初はちょっと「うん?」と思ってしまうんですが…2分ぐらい観ていると、落ち着きなく動きまわる姿や不思議な間合いがヤミツキになってしまいます。もう一度観たい!!

 

この『浅草リトルシアター』では、こんな感じの若手お笑いライブを、ほぼ毎日のペースで開催されているそうです。本当にこの中から“THE MANZAI”や“キングオブコント”の優勝者が現れるかも!?青田買いするならココですよ~!!

 

たまには“ライブ”もいかが?

“大笑いしたい!”っていう思いを抱えてやってきた『浅草六区』。充分に目的を果たすことができました。

映像制作を仕事にしていることもあってか、漫才もコントも、テレビや動画サイトで満足してしまいがちだったんですが、たまにはライブで体感しないとな~!って思いましたね。

皆さんもいかがですか?やっぱり生で観る舞台は最高でしたよ!!

 

そして、こんなにも身近なところでお笑いライブが楽しめる『浅草六区』よ永遠なれ!!という願いを込めまして…

P1040811-1-1

浅草リトルシアターにこんなものが置いてありましたので、お賽銭代わりに少しだけ寄付しておきました(笑)

 

 

LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事一覧

“こち亀”で有名な『亀有駅周辺』を探索してきました【後編】
これも千葉県民の味?『ピーナッツ煮豆』
『東京で一泊2000円台!?旧・山谷地区の激安旅館に泊まって