映像制作のボーダーレスの秘密

岡本 良太
岡本 良太
ご当地情報・西日本編
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

湯田温泉で『バリそば』を。(3)

>パート(1)はこちら<

 

>パート(2)はこちら<

 

JR山口駅のすぐお隣の『湯田温泉駅』周辺で、地域の人たちに愛されているご当地グルメ、バリそば

 

超有名店の『春来軒』

P1080284-1

P1080294-1

創業60年以上!老舗中の老舗、バリそばの代表格です。

 

ウィキペディアにも書いてある通り、以前は湯田温泉の“ご当地グルメ”的な存在で、駅周辺にちょくちょく“バリそば”の文字を見かけたものですが…

 

久しぶりに行ってみると、かつてのような存在感がなくなっているというか。正直、あまり「バリそば推し」という雰囲気は見られません。

 

ですが、老舗の『春来軒』以外にも、美味しいバリそばを食べさせてくれるお店がまだ残っていましたので、早速行ってみましょう!

 

菜々瀬のバリそば

湯田温泉の外れにある『菜々瀬』

P1080320-1

とってもキレイなお店です。

P1080318-1

メニュー表には、

P1080321-1

ん!?以前来た時は、僕の記憶違いでなければ、ここも『バリそば』と書いてあったはずですが、『あんかけ焼きそば』になっていますね。

 

オーダーすると、

P1080307-1

普通に『バリそば』が出てきます。

P1080309-1

麺は若干細めです。なので、スープがしみ込むのが早く、柔らかめの麺が好きな方にはオススメかも

P1080316-1

ちょっと分かりにくいかも?ですが。

この『菜々瀬』のバリそばには、軽くトロみが付いています。

かといって、あんかけソバや皿うどんほどではありません。

 

そして、お酢も控えめ。

P1080311-1

酸味はお好みで、テーブルに置いてあるポン酢で調節します。

さっそくひと口、パリパリずるずる…ああ!美味しいっ!!

こちらは少しアッサリ風味です。クセが少なくて、その分、ダシの旨味が存分に楽しめます。

 

そして…これは『菜々瀬』に限らず、バリそばの大きな特徴の一つですが。

ボリュームが多い!!

僕はまあまあたくさん食べる方なので、今回は『春来軒』と、この『菜々瀬』でそれぞれ1人前ずつ食べることができましたが、一般的な食欲の持ち主なら、どちらかのお店の1人前で、じゅうぶんお腹いっぱいになると思いますよ!

 

もう1軒…『元祖ばりそば本舗』

今回の山口訪問は時間がなく、しかも、バリそばは1人前のボリュームが凄いので、結局2軒しか回れなかったのですが。

それでは“食べ歩きレポート”感に乏しい気が…

なので、もう1軒。

P1080469-1

バリそば専門のチェーン店『元祖ばりそば本舗』も紹介しておきましょう。

P1080471-1

山口市内に何店舗かチェーン展開しているお店です。これは、以前山口県を訪れた時に撮った写真。

 

初めからお酢が効いているところは『春来軒』とよく似ていますが、こちらの『元祖ばりそば本舗』の方が、味は少し濃い目かな?

P1080475-1

スープにトロみは少なくて、オーソドックスなバリそばだと思います。

以前は湯田温泉街の近くにもお店があったように思うのですが、今回の訪問では見つけられず…ホームページには店舗の写真が掲載されているので、移転したのかも?

これは確か、山口市内の小郡という町にあったお店のものだったと思います。

 

山口観光の際はぜひ一度…

ネットの情報にあるような“湯田温泉のご当地グルメ”という雰囲気は、正直あまり感じられなくなっていますが、それでも湯田の町にバリそば専門店はまだまだ健在ですし。

 

それに、商標の問題など(?)もあり、あえて“あんかけ焼きそば”や“かた焼きそば”などという呼び名で、バリそばをメニューに加えているお店もあるそうですよ。

 

何度も書いてますが…『バリそば』は、揚げ麺を使った他の料理とは似て非なるもの。別の食べ物です。

 

山口市内に行かれた際には、ぜひその違いを確かめてもらいたいと思います!!

LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事一覧

姫路の『手柄ポート』が、52年の歴史に幕を下ろすそうです
ほのかな“甘み”が決め手!!『播州ラーメン』(前編)
いかにも神戸らしい!?オシャレで個性的な街『トアウエスト』(