映像制作のボーダーレスの秘密

福岡支社
福岡支社
ボーダーレスの日常
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

300円で乗れる新幹線に乗ってきたよ

先日、福岡の居酒屋さんで、「福岡には、日本一短い路線で営業している新幹線がある!」というお話を耳にしました。

ん??どういうことでしょうか??福岡の電車のことがよくわからない僕にとって、引っかかる言葉は“新幹線”ぐらいです。

…何が短いのでしょうか??さっそく調査です!!

まずは博多駅から・・・

九州の新幹線のことなら、とりあえず博多駅でしょう。

よくわからないまま、ひとまず博多駅の切符窓口で「あのー、福岡にある、路線の短い新幹線って・・・」と、質問もまだ終わらないうちに、

「あー、“はかたみなみ”ですね」と食い気味にお答え。

そして、

「はい、乗車券と特急券で、300円です。」

P1000402-1

見慣れた新幹線のキップですが、よくご覧ください、特急券の左下。

P1000413-1

100円です。これに乗車券の200円を合わせて300円です。

…新幹線って、だいたい万札で払うものじゃないですか?

小銭入れの中から300円払って、よくわからないまま駅員さんにこのキップを見せると、「15番のホームへどうぞ」と教えられて、

P1000415-1

待っていると、

P1000420-1

普通に見慣れた新幹線が入ってきます。なので、いつものように乗車する・・・300円しか払ってませんが。

当たり前ですが、中は普通の新幹線です。

P1000426-1

P1000429-1

でも、車内のインフォメーションには、

P1000425-1

『博多南』行きという、聞きなれない言葉が。九州新幹線を除けば、JR西日本の新幹線の終点って『博多駅』じゃなかったのか?

…などと考えてるうちに、だいたい10分ぐらいですか?アッという間に博多南駅に到着。

博多南駅に到着

P1000380-1

なんとなく、ローカル線の駅みたいです。とても新幹線の駅って感じじゃない。

P1000382-1

ですがですが!よく見てみると

P1000378-1

P1000379-1

目の前は新幹線だらけ!触れそうな距離に新幹線がズラリと並んでます。

そんなことをしているうちに、構内アナウンスが流れ、

P1000388-1

後ろからニュ~っと新幹線が現れて!

凄いです。柵もゲートも何もなく、めちゃくちゃ至近距離で新幹線が見れる・・・というか、新幹線を感じる、というレベルの距離感!!

P1000391-1

P1000396-1

パンタグラフっていうのかな?こんな近くで見れるとは。

P1000393-1

さっき“触れそうな距離”って書きましたが、その気になれば実際に触れます。

P1000398-1

なんとなく申し訳ない感じがしてしまい、僕は寸止めしていますが。頬ずりだってできそうな距離に新幹線が停まっているのです。

 

駅員さんにいろいろと質問してみたんですが。

厳密に言うと、ここは駅というよりも新幹線の車庫なんだそうです。博多駅とこの車庫の間を、ただ“回送”で行ったり来たりするだけじゃもったいない、ってことで、お客さんを乗せて移動することになったとか。エコな発想です。

 

なので、本当は『日本最短の新幹線の路線』ではなくて、あくまでも特例で回送中の電車に人が乗っているってことみたいなんですが、福岡では“最短路線”というのが定着しているようです。地域の人たちに愛されてる感じがしますね。

 

そしてもう一つ、ここは新幹線の車庫ということで、「見れば幸せになれる」といわれている“ドクターイエロー”も定期的にやって来るそうです。しかも、今回は残念ながら見れませんでしたが、運が良ければ懐かしの新幹線“0系”も見れるそうですよ

まとめ

厳密に言うと「新幹線の最短路線」ではないようだが、300円で乗れる新幹線は福岡に実在した。

博多南駅では新幹線が間近に見れる!小さいお子さんのテンションアップ間違いなし!!

懐かしの0系新幹線や、運が良ければドクターイエローなどのレアな新幹線も間近で見れる。

そして、これは出張することの多い僕の、ちょっとした思いつきなんですが。

ネットで調べてみたら、この博多南駅からタクシーでワンメーター以内の距離に、いくつかビジネスホテルやウィークリーマンションがあるんですよね。なので・・・

 

もし博多駅周辺のホテルがどこも満室なら、思い切ってこの博多南駅周辺もリストに入れてみては?なんせ博多駅まで10分の距離です。

※ただし、従来の電車と違って本数が極端に少ないので注意が必要です。

 

…と、いうわけで、帰りももちろん300円新幹線で博多まで戻りました。博多周辺で「ちょっと時間が空いちゃったな、どうしようか?」って迷っていらっしゃる方、いかがでしょうか?往復たったの600円で、新幹線でのプチ旅行気分を味わえますよ!

博多駅に戻り、ホームに降りて。よく見ると・・・

P1000400-1

おお、ちゃんと書いてあったんですね、博多南って。博多駅が終点じゃなかったんですね、ずっと見落としてました!ごめんよ~!!

LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事一覧

最強“縁切り”スポット『安井金比羅宮』【後編】
モンスターハンターフェスタ2016に行ってきました【後編】
この春、上京する君へ…坂井ディレクターの場合(前編)