映像制作のボーダーレスの秘密

岡本 良太
岡本 良太
ご当地情報・九州編
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

焼酎100円!しかも『自主申告制』のお店

ボーダーレス福岡支社から歩いて10分ちょっとぐらい?のところにある、

P1110643-1

この居酒屋さん。

 

看板をよく見てみると、

P1110644-1

『焼酎一杯 百円 自主申告の文字が。

いつも前を通るたびに、ずっと気になっていたんですよね。

「以前、全国ネットのバラエティ番組でも紹介されていましたよ。」と、仕事仲間に言われて、あぁ、そういえば見たかも?と、少し思い出したりもしたのですが。

中がどんな状況なのかまでは覚えていないし、しかも、番組では常連さんらしき芸人さんの案内というテイだったはず。

僕らのような“一見さん”でも本当に1杯100円、しかも『自己申告』が通るものなのか…

しかもその『自己申告』って、どういう風にやるの?

 

そんなとき心強いのが、

P1110021-1-4

本田副社長!福岡出身のこのお方ならば、たいていの事は、溢れんばかりの“郷土愛”で解決してくださるはず。

ちょうどタイミングよく、東京本社から福岡支社に出張中の本田さん!じつは僕、行ってみたいお店があるのですが…いかにも地元のお店っぽくて、ちょっと一見さんだと入りにくそうで…

本田「大丈夫!福岡に悪い人はいませんよ!…なんですか?焼酎1杯100円で自己申告制!?おもしろそうじゃないですか!僕も興味が湧いてきました。さっそく今夜行ってみましょう。」

 

『第三共進丸』へ…

日も暮れて、いよいよ前から行ってみたかった、

P1110638-1

『第三共進丸』へ!!

看板にもしっかりと、

P1110641-1

年季の入った『焼酎一杯 百円 “自主申告”の文字。

本田さん、僕、田中くんの3名。おそるおそるドアを開けてみると、

「いらっしゃい!!奥の座敷どうぞ~」と店員さんの明るい声。

よかった~!常連さんだけのお店じゃなく、一見さんも大歓迎みたい。

P1110111-1

お店の中はこんな雰囲気。

P1110116-1

P1110028-1

ほぼ海の幸オンリーの居酒屋さんみたいです。

考えたら、ここは『長浜』という、福岡の中央卸売市場のすぐ近く。

獲れたての、九州中の旨い魚が集まる前線基地でもありますね。

 

そして、やはり目が行く・・・

P1110024-1

水槽に悠々と泳ぐ、活きたイカ!!

P1110023-1

ちょっとガラスが曇っていますが…旨そうというよりも美しい!!

「さっきまではもうちょっとおったバイ」と常連さん。

獲れたて、というよりも、これは獲れる直前の新鮮さをそのままいただける!?

まずは魚を…

1杯100円の焼酎の前に、まずはビールで乾杯しつつ、

P1110071-1

美味しい海の幸を。

P1110075-1

キビナゴ。関西・関東では珍しいかも?

鹿児島では定番のアテだそうです。

P1110085-1

アラカブの煮付け。

関西ではガシラ、一般的にはカサゴかな?福岡ではアラカブと呼びます。

PICT_20151117_214038-1

福岡では、煮魚の炊き合せに豆腐というのが定番なのでしょうか?他の魚料理屋さんでもけっこうよく見かけます。これがとても美味い!!

 

そして、この『第三共進丸』オリジナルの

P1110038-1

海鮮シュウマイ。ひと口サイズで超おいしい!!

ビールで喉を潤しつつ、新鮮海の幸に舌鼓を打ちつつ…

さて、次はいよいよ焼酎といきますか!!

これが噂の100円焼酎!

お店の大将に「あの…焼酎を」と声を掛けると、

「水割り?お湯割り?どっちすっとぉー?」とのお答えが。

 

…氷と水差しが運ばれてきて、「どれでも好きなもんば飲みぃ。」と指を差す方向に…

PICT_20151117_211531-1

出たっ!スゲえっす!!なんか笑けてきます。

PICT_20151117_211504-1

これがウワサの『1杯100円』焼酎ですね。

どれもこれも普通の焼酎。居酒屋さんなら1杯500円ぐらいのメジャーな銘柄ばかりじゃないですか。

P1110077-1

焼酎ラブの九州男児・本田さんも、「どれでもどうぞ」と言われて悩む(笑)。

大将も常連さんも「何本でも自分の席に持って行きー。飲み比べせんばね。」なんておっしゃる。

看板に偽りなし!ハナっから焼酎のお会計に関心なしなのでしょうか(笑)

P1110109-1

P1110110-1

あとはもう、焼酎の味比べという名目で、

PICT_20151117_213917-1

自分の席に一升ビン持ち込み、

P1110106-1

木挽、おいしいですよね!?」とか、「僕は麦も好きだから、二階堂かな?」とか、鍛高譚はサッパリしててクチが変わりますよね~!」etc...

水と焼酎の割合も自由自在!濃い水割りを作っても100円です(笑)

他府県の方も遠慮なくどうぞ!

 

P1110101-1

おいしい肴を頂きつつ、100円の焼酎をガバガバと飲み比べして、

P1110047-1

これ珍しいでしょ?“めんたいカラスミ”。明太子とカラスミを和えて食べます。

焼酎にとってもよく合う!!

 

そうこうしているうちにお会計を。

大将「何杯飲んだとぉ?」

ぼく「だいたい6杯ぐらいかなぁ?」

大将「じゃあだいたい600円ぐらい、と。」

…とても居酒屋でのお会計の会話とは思えません(笑)。

 

『第三共進丸』、思っていた以上に自由度高し!常連さんもみなさん優しいですし。

天神からもそう遠くないですし、他府県からお見えになられた方も、気兼ね遠慮なくノレンをくぐってみてくださいね!!

LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事一覧

ネコの楽園!『相島』を完全攻略したい(4)
小学校の頃に習った『出島』って、こんなトコロでした(3)
『“最後の炭鉱の島”長崎県の池島に行ってきました』【Part