映像制作のボーダーレスの秘密

福岡支社
福岡支社
ご当地情報・九州編
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

激アツ!源泉は105℃の足湯

またまたお国自慢で恐縮です。。。

今回は長崎が誇る温泉地、小浜温泉(おばまおんせん)のお話を。

DSC_0683-7-6

雲仙のふもとに位置するこの小浜温泉、源泉の温度はなんと105度なんです!

ほっとふっと105

雲仙あたりに行くと、

DSC_0641-6-6

街の中、どこにいても湯気に包まれている気分。

DSC_0643-6-6

なんといっても源泉は105℃“加温する”のが普通の温泉ですが、この小浜温泉の場合は、“いかに冷ますか?”が悩みのタネだとか…贅沢すぎ。

 

この小浜温泉、海のすぐそばにあります。なので、このような

DSC_0656-7-7

海上露天風呂、

DSC_0653-5-7

ついつい注目してしまう、こんな看板もあったりして。

しかし、今回は、

DSC_0645-6-7

ほっとふっと105という足湯を紹介したいと思います。

足湯なのにアツい!

海岸沿いの駐車場に車を停めて、

DSC_0673-6-7

このモニュメントが目印です。

DSC_0646-7-6

さて、では足湯を…の前に。

こちらも小浜温泉名物のひとつ、蒸し釜も紹介。

DSC_0650-6-6

普通の温泉場では、お湯を使って“茹でる”のが普通ですが、ここは温泉の蒸気を利用して、“蒸し”ます。材料の持ち込みOK、蒸し釜の使用料も無料。

ただし、めちゃくちゃ熱いですから気をつけてくださいね。

いよいよ足湯に!

ほっとふっと105の周りをぐるっと見回ったら、お次はいよいよ足湯へと。

DSC_0668-6-7

広場の中に、温泉の川が流れているような作りの足湯です。

ほっとふっと105の数字は、源泉温度が105℃であること、そしてもうひとつ、このお湯の川の長さが105メートルあることにも由来しています。この長さ、足湯としては日本一なんだそうですよ。

さっそく、足を浸けてみたのですが…熱いです!

普通、足湯といえば、ぬるい目のお湯にゆっくり足を浸けて疲れを流す、といったところが多いものですが、この『ほっとふっと105』はさすがです。ぬるま湯には浸からせません。

DSC_0672-6-6

なんせ、こんなところから流れて出ているお湯ですから。

とはいえ、ご安心ください。さっき、『お湯が流れる川のような』作りになっていると書きましたよね。激アツなのは上流の方だけで、105メートル先の下流の方は、温かくて気持ちのよい、いつまでも入っていられるような足湯でしたよ!

DSC_0665-6-7

と、いっても、普通の足湯よりは若干温度が高めです。とっても気持ちイイ!!

しかも、真正面は、

DSC_0666-7-7

海です。橘湾(たちばなわん)という、イルカやスナメリが住んでいることでも有名な海なのですが…さすがにこんな海岸近くには寄ってこないのかなぁ?

この日は雲が厚くて、あまりいい天気ではなかったのですが、晴れた日ならきっと夕焼けなんかもキレイに見えるでしょうね。

足湯以外にも!

小浜温泉には、もちろんこの足湯『ほっとふっと105』以外にも、

DSC_0649-6-6

新鮮な海の幸も楽しめる温泉旅館や、日帰り外湯もたくさんありますし。

DSC_0670-7-7

看板にはさりげなく、こんな隠れキャラも!?“おばま”温泉ですから(笑)

そうそう、そして!

DSC_0674-7-6

温泉チャンポンも名物なので、ぜひ一度味わってもらいたいです。

DSC_0677-7-6

足湯以外にも見所いっぱいの小浜温泉。機会があれば、また今度、もう少し掘り下げて紹介したいと思います。

LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事一覧

ネコの楽園!『相島』を完全攻略したい(1)
【おまけ】相島のネコたちと、花なども少々
山笠シーズンの博多を彩る『飾り山』(2)