映像制作のボーダーレスの秘密

福岡支社
福岡支社
ご当地情報・九州編
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

福岡の『カキ小屋』を紹介したい!【後編】

>【前編】はこちら<

 

どうしても、いつものカキ料理のイメージで、ついつい醤油かなにか垂らしたくなるところですが…

DSC_2645-9

最初の1個は、調味料なしで食べてみてください。充分すぎるぐらい塩味が効いていますので。まずは玄界灘の潮の風味を楽しんでもらいたいと思います!

カキの焼き方

カキを食べる機会は多くても、“炭火で殻ごと焼く”なんて、そうそう経験することではないと思います。

P1250376-5

よく見ると、カキの殻には『平らな面』と『膨らんだ面』があります。

P1250434-6

張り紙がしてあるように、まずは平らなほうを下にして焼く

P1250377-6

で、殻のクチが開いてきたころに、ひっくり返して、今度は膨らんだ面を下に。こうするとカキのスープを無駄にしてしまわなくてすみます。

どこの小屋でも軍手とトングを無料(というか、炭代に含まれているのかも)で貸し出してくれますし、元気なスタッフが多い小屋なら、焼き方や美味しい食べ方を丁寧に教えてくれます。

DSC_2643-09

塩味のみのプレーンな焼きガキを堪能したら、

P1250402-09

醤油を垂らしてみたりと、あとはお好みで。決まりごとの少ない、自由度の高さこそが福岡のカキ小屋の最大の魅力ですから。

サイドメニューが決め手

もちろん、充分にカキだけで満足できるのですが。

通い慣れてくると、サイドメニューについつい目が行ってしまうものです。

P1250395-09

前回、カキの値段や基本的なサービスは、どこの小屋もそう大差はないと書きましたが、

P1250452-0

カキ以外の焼き物や一品料理のメニューや値段は、小屋によっていろいろ。

P1250450-9

お隣の小屋では、カキチャーハンがウリみたい。

また、別の小屋では、写真が小さくて見にくいかもですが、

P1250453-098

女性にも喜ばれそうなカキのパスタやデザートいろいろ、それにクジラベーコンや、“伊勢エビよりも美味しい”とされる、幻の(というほどでもないか?)のウチワエビも。

今回僕らが選んだ小屋は、

P1250399-98

カキのチーズフォンデュやピザもありますが、基本的には定番メニュー中心。

いや、僕らはそれでいいんです。最初から『サザエ』と『アワビ』を食べようと決めていたので、この2つが揃った小屋ならOK!

で、サザエもそのまま炭火に乗っけて、ちょびっと醤油を垂らして。

いいでしょ?メニュー表には1個150円って書かれていたけど、たしかこの日は100円ぐらいにしてくれたような?グラムあたりの値段だし、もしかしたらその日の獲れ高で変わるのかも?

この辺りが漁師さん直営っぽくてステキです。

で、お待ちかねのアワビも。

P1250406-012

もちろん生きています。これもそのまま炭火の上へ。ホントは動画も撮ったのですが、網の上での動きがちょっとグロいかも?と思ったので割愛。

スタッフさんが「食べやすいように切ってきましょうか?」と気を利かせてくれて、

P1250418-01

バターまで付けてくれるというサービスっぷり。

P1250438-87

味は…もう言うまでもないでしょう。これもメニュー表よりも少し安かったような。カキ=1キロ1000円はどこでも同じですが、サイドメニューに関しては、どこの小屋でも多少の融通はきかせてくれるみたいなので、小屋を選ぶ際にスタッフに問いかけてみるのもいいかも?

P1250446-7

活きクルマエビも食べてしまいました。

早い時間に行くのがベストかも?

メインはもちろんカキなので、

DSC_2642-6

 

P1250384-6

まだまだ焼きます。持参したモミジオロシを添えてみたりして。

P1250421-8

と、冬の福岡の新風物詩・糸島方面のカキ小屋を満喫して、お値段は一人あたり2000円ちょっと。まあドリンクや薬味は持ち込みだったというのもありますけれど、アワビやサザエ、フグの干物なども食べて3000円でお釣りって、安すぎ!!

 

P1250428-98

外へ出ると、前の駐車場は満車状態

そうそう、僕らはだいたいいつも朝10時ごろに到着するよう、早めに家を出ます。平日ならともかく、土日は昼ごろから待ち時間が出る場合も多いので、午前中に攻めるのがオススメです。

 

と、いうわけで、福岡のカキ小屋まとめを。

カキの値段やサービスはだいたいどこの小屋も違いはありません。カキ以外のサイドメニューの品揃えに注目。

 

ドリンクの持ち込み自由な小屋も多いです。スタッフに尋ねてみましょう。

 

自由度が高く、基本的には“放ったらかし”です。システムが分からない場合もスタッフに尋ねてみましょう。最初はカキの焼き方もスタッフに聞いてみるのがベスト。

 

焼けたカキは弾けるし、煙も充満しています。匂いが付いたり、汚れたりしてもよい服装で。

 

土日は昼以降に満席になることも。午前中に行くのがオススメ。

そして、最後に、これは当然ですが、

飲酒運転はぜったいにダメ!

今回紹介した糸島市周辺のカキ小屋へ行くには車の利用が便利です。飲まない人を誘うか、ジャンケンで負けた人は可哀想な目に遭ってもらうしか…

P1250455-7

福岡のカキ小屋は例年なら3月ごろまでオープンしています。この冬にこちらへ来られる予定のある方、地元のお友達やお仕事で知り合った方たちに「カキ小屋へ連れてって!」とお願いしてみては?

モツ鍋もラーメンも温まりますが、炭火を囲んでのカキ小屋は、この時期だけの冬限定お楽しみスポットですよ!

LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事一覧

福岡・天神のオススメスポット紹介
【おまけ】好きな人にはタマラなさそうな福岡市早良区
遊園地最後の日―北九州のスペースワールド【中編】