映像制作のボーダーレスの秘密

岡本 良太
岡本 良太
ご当地情報・九州編
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

佐賀の『祐徳稲荷神社』は、思っていた以上にスゴかった!【その2】

>【その1】はこちら<

 

さすがは『日本三大稲荷』のひとつ、といったところですが…

本当、佐賀県にこんな見事な神社があったなんて、

P1160932-1-23

ぜんぜん知りませんでした。日本はやっぱり広いのだ!

P1160936-2-5

 

神池にせり出すような、

P1160939-407

しだれ松も見事すぎます。

楼門前ですでに圧倒されてしまうというか。あちこち見入ってしまいます。

P1160941-1-4

 

なんというか…佐賀市内からも遠く離れた、


言わば、辺鄙なところにある神社なんですが…あまり観光地化もされていない佇まい、それなのに絢爛。すごい神社だと思います、祐徳稲荷さん。

 

御神楽殿へ…

と、楼門で感動していても始まらないので、少し先へと。

P1160951-4-1

左向きの馬、“左馬”。ひだりうまです。

『馬』の文字が左右逆になっています。「うま」が逆になって「まう(舞う)」に繋がるという縁起物。

稲荷神社といえば白狐のイメージですが、稲荷神社の総本社である京都の伏見稲荷大社のご鎮座が『午の日(うまのひ)』だったことから、馬にも縁が深いとされています。

P1160956-4

いよいよご拝殿のほうへと。ここにも、

P1160961-1-6

しっかりとした注連縄が張られています。長い参道に見事な鳥居の数々、立派な楼門の先にさらに注連縄…厳重です。僕のような汚れた人間が立ち入ってもよいものか?と、少々心配になったりして。

P1160963-1-1

御神楽殿と呼ぶそうです。まずはこちらにお参り。

変な画角の写真ですみません。

やっぱり稲荷系の神社は色々と怖い部分あり、特に僕はヨソ者でもあるからして、正面から写真を撮らせていただいてよいものか?と思い、ためらってしまいました…

P1160965-2-5

とはいえ、あまりにも美しいので1枚だけ写真を。

以前紹介した、“日本最古の神社”と言われている福岡県の大己貴神社もそうでしたが、この祐徳稲荷神社も、細工や色使いなどが独特というか。ちょっと仏教的な印象も受けます。唐の影響が強いのでしょうか?

僕の出身が関西なんで、どうしても近畿地方の神社を巡ることが多かったのですが、九州の神社はまた佇まいが異なるので、見ていてぜんぜん飽きません。

 

拝殿で「すみません、境内の写真を撮らせていただきます。いろいろと書かせていただきます。」とお伝えし、

P1160973-1-1

山の中腹にある、あちらがご本殿だと思います。さっそく向かうことにしました。

いよいよご本殿へ…

上り参道は階段になっています。

P1160975-2

グニャグニャしていて上りにくいです。朱塗りになっていますし、もしかしたらこれも結界の一つなのかも?

先ほどの御神楽殿を上から。

P1160976-4-4

この屋根の曲線の美しさ。こういうのを見るとドキドキしてしまいます。

P1160990-1

さらに高いところまで上がって境内を。

P1160991-4-6

この時は桜もまだ六分咲きくらい?

けっこう高いところにあります、ご本殿。

ふうふうと言いながら上っていくと…

P1160983-1-909

見えてきました、こちらが祐徳稲荷神社のご本殿でしょう。

 

【その3】に続く

LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事一覧

ネコ好きにだけコッソリと教えたい福岡の旅館【前編】
涼しさを求めて『ペンギン水族館』に(4)
熊本城に、しゃちほこが“1体”戻りました