映像制作のボーダーレスの秘密

岡本 良太
岡本 良太
ご当地情報・西日本編
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

『壇ノ浦の合戦』の戦場跡にも行ってきたよ!

前回前々回の2回に渡って、宮本武蔵と佐々木小次郎が戦った『巌流島』へ行ってきた話をしましたが。

 

巌流島のすぐ近くには、“源平の合戦”の最後の舞台となった『壇ノ浦』もあるんですよね。

せっかくなので立ち寄ってみました。

平家が滅びた地で…

関門海峡の本州側すぐそばにある壇ノ浦古戦場跡。地図アプリやカーナビなどには『みもすそ川公園』と書かれている場合もあります。

巌流島に渡る“あるかぽーと”(唐戸桟橋)から車で10分もかからないところにありました。

『1時間だけ駐車OK』と書かれていたので、関門トンネルの駐車場を利用させていただくことに…どうやら専用の駐車場はないみたいです。

P1050824-1

P1050826-1

前を走る国道9号線を渡ると、

P1050827-1

『御裳川(みもすそがわ)碑』。ここが古戦場跡ですね。

昔はここに御裳川という川が流れていたそうです。平清盛の正室・平時子(二位尼)の辞世の句にも詠まれている川ですが、今は見えなくなっています。

P1050867-1

壇ノ浦の古戦場であったことも記されています。ちなみに、写真の左側にうっすら見える陸地は北九州。門司港近くかなぁ?

 

で、石碑の後ろの緑色のパーテーションを見ても分かるように、今この公園は改装中なんだそうな。もうちょっとしたら、広い遊歩道付きの公園にリニューアルされるみたい。いつもタイミング悪いなぁ、僕は(苦笑)

 

工事現場の隙間から海を眺める…

P1050874-1

都を追われ、兵庫を追われ、ここまで落ち延びてこられた安徳天皇はこのとき数え年で8歳だったということですから、実年齢は6歳ぐらいでしょうか?

ちょうど小学校1年生ぐらいですね。「極楽へ…きっと波の下に都がございましょう。」という二位尼に抱きかかえられて、この海に身を投げられたんでしたね・・・泣けてきます。。。

P1050855-1

源義経と平知盛の像

公園の中央には、

P1050879-1

源義経と平知盛(たいらのとももり)の巨大なブロンズ像が!

義経は…

P1050850-1

凛々しいなぁ!有名な“義経の八艘飛び”でしょうか?

 

そして、相対する知盛は…

P1050864-1

これも有名な“碇知盛”ですね、きっと。

義経に敵わず、平家の滅亡を悟った知盛が、亡骸が浮かび上がることのないように、大きな錨(碇)を体に巻き付けて入水したという…これも泣けてきます。

P1050860-1

P1050853-1

…たぶん、ここを訪れる多くの人が、どちらかというと義経のほうに注目されるんでしょうけれど。

僕は神戸生まれなので、“大輪田泊”や“福原京”に、なんというか、地元意識が働くというか…どうしても平氏のほうに肩入れしがち??

P1050865-1

やっぱり義経のほうは美少年っていう感じですね。

すぐそばに長州砲も!!

義経と知盛の像のすぐ隣には、

P1050828-1

長州砲がっ!

そう、関門海峡は『下関事件(馬関戦争)』の舞台でもあるんですよね。

攘夷を推し進める長州藩が、関門海峡を通る諸外国の船を砲撃した事件で、日本の近代化に大きな影響を与えた…っていうような話を、中学校の時に習った記憶があるなぁ。

よく見ると、

P1050830-1

砲身に細やかな細工がしてあったりして、とっても美しいのだ!

 

この大砲の隣には、ズラっと!

P1050834-1

車輪付き砲架に乗った長州砲!!もちろんレプリカですが、間近で見るとド迫力です。

人と比べてみると、

P1050845-1

かなりの大きさでしょ?

ちなみにリアビューはこんな感じ。

P1050839-1

かなり精巧に作られています。

そして!

P1050836-1

これ、分かりますかね?砲口から煙が出ているでしょ?お金を入れたら空砲が撃てます!

…といっても、勝手に「ドーン、ドーン!」って音が鳴って煙が出るだけで、自分で撃っている感じにはなれないのですが(笑)

半日足らずで中世から近代までの歴史を学べる?

昼ごろに巌流島に上陸して、この「みもすそ川公園」を後にしたのが夕方4時ごろ。

のんびりと写真を撮ったりしながらでも、わずか4時間足らずで“巌流島”“壇ノ浦の合戦跡”“馬関戦争”という、3つの史跡を回れるなんて、これは歴史ファンにとってはかなり垂涎モノなのでは?

 

時代的にも、貴族社会から武家社会へ、そして武士から軍隊へ…と、なんだか一連の流れに沿っていますし。

 

しかも、すぐ近くには、

P1050817-1

シロナガスクジラの骨格標本で有名な、下関市立水族館『海響館』もありますし、唐戸市場で新鮮な海産物のお土産も・・・

 

前回は「ちょっとモノ足りない感じ?」なんて書いてしまいましたけれど。

こうやって改めて見直してみたら、かなり観るべきトコロが多いんですよね、巌流島周辺って。ちょっと反省しています…

LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事一覧

愛媛県の松山に行ってきました(2)
ほのかな“甘み”が決め手!!『播州ラーメン』(前編)
お酒と庭園とネコの神社【前編】