映像制作のボーダーレスの秘密

編集部
編集部
ご当地情報・西日本編
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

牛骨スープのヤミツキ系『下松ラーメン』はいかが?【後編】

>前編はコチラ<

 

山口県の南東部にある下松(くだまつ)市。ここは全国のご当地ラーメン界では少数派の『牛骨ラーメン』を昔から愛している街です。

前回はこの“下松系ラーメン”の代表格ともいえる『紅蘭』にお邪魔しました。JR下松駅周辺には、他にも何軒もの牛骨ベースのラーメン店がありますので、時間の許す限り、下松ラーメンの食べ歩きをしてみましょう。

パンチ力強し!『味ごころ』

下松駅まで戻って、少し路地の奥の方に入ったところにある

P1050195-1

『中華そば 味ごころ』。少しわかりにくいところにあります。お店も小さくて見落としてしまいそうになりますが、これこそが“街のラーメン屋さん”といった風情もあって、実にイイ味わいの店構えです。

店内のお品書きもこれだけ。

P1050189-1

ちなみに、下松ラーメンの名脇役である稲荷ずしも、カウンターのそばに置いてあったのですが…常連さん限定の裏メニューなんでしょうか?おそらく、頼めば出してくれるはず?

 

…ちなみに、この下松ラーメンでは、だいたいのお店が、麺の量を大・中・小の3種類から選ぶことになっています。

“小”というのが、一般のラーメン屋さんの“並”に相当する場合が多いようです。お間違えのないように!!

 

話を戻して。『味ごころ』のラーメンはコチラ。

P1050183-1-2

前回の『紅蘭』よりは、少しスープの色が濃く、油も少し多めです。

で、スープを一口…おおっと、力強い味!!関東の人の口には、この『味ごころ』のラーメンが合うかも?醤油の味も牛骨の風味もかなり強烈です。

といっても、決してクドかったり、油っこい感じではないのでご安心を。むしろ、パンチが効いていて小気味よいです。

P1050186-1-1

麺も少し太め?ガッツリとラーメンを食べている感じがします。

今回注文したのは小サイズのラーメンですが、それでも普通のラーメン屋さんの並以上のボリュームがありそうです。濃い目の味好みで、しかもお腹いっぱい食べたい方には、この『中華そば 味ごころ』、オススメです!

チャーシュー激ウマ!『北斗亭』

ここで少し休憩。下松駅周辺をブラブラして、夕方からまたラーメン食べ歩き再開です。

陽も暮れかけて、まず最初に入ったのがコチラ。

P1050148-1

駅前にある『北斗亭』。下松ラーメン界きっての、超人気店の一つです。

さすがに稲荷ずしは売り切れ…残念!!

気を取り直して。北斗亭のラーメンはコチラ。

P1050136-0-1

麺は…

P1050144-1

ちょっと太めのストレート。スープは他のお店よりも少し甘味が強い感じ。太めの麺との相性バッチリです。

で、麺もスープもさすがの美味しさなのですが、このチャーシューも絶品!

P1050142-1-1

牛骨スープに豚肉のチャーシューって不思議と思われるかもしれませんが、これが凄く良く合うんです。チャーシュー麺にしておけばよかったかな?と、少し後悔の美味しさでした!

ほっこり系安心の味!?『めんくい』

いよいよ夜も更けてきたので、本日最後のお店を。

こちらも大人気店の、『中華そば めんくい』

P1050159-1

今回1軒目に紹介した、『味ごころ』のすぐ近くです。

さすがに閉店時間が近かったので、お客さんは少なかったのですが

P1050155-1

稲荷ずしを始め、ゴハン物はすべて売り切れてました・・・残念!!

お品書きの通り、この『めんくい』では、焼き飯や普通のおにぎり、定食メニューもあり。いろいろ食べたい方にはオススメなお店です。

P1050150-2-2

で、この『めんくい』のラーメンですが、他の下松系とは少し違うテイスト?基本の牛骨プラス醤油というのは同じなんですが…なんというか、もうヒト味加わっている感じ?牛骨スープ独特のコクの中に、何か少し別のコクが隠れている感じがします。

チャーシューも他のお店とは微妙に違って、豚バラ肉を使っています。これが実に牛骨スープに合うのだ!

 

そして、お店のママさんが、実に明るくて楽しい方で。とっても気さくにいろいろとお話しを聞かせてくださいます。

 

なので、『何故この下松市の周辺だけ、トンコツやトリガラではなく牛骨を使うのか?』という質問をしてみたところ、

「うーん…なんでかなぁ?ワタシらこの店をもう35年ぐらいやってるけど、ずっと昔から、この辺りのラーメン屋は牛骨やったからねぇ…」とのお答え。

近くに牛肉の名産地があるわけでもないそうです。大ベテランのママさんも知らない下松市周辺のラーメンの謎…気になるなぁ。

 

そんな、明るくて楽しいママさんに写真を撮らせてくださいとお願いしたところ「いや~ん、恥ずかしいわぁ。じゃあ娘の写真で」と。

で、その娘さんですが、この方も恥ずかしがられて、

P1050154-1

厨房のノレンの隙間からチラっとだけ顔出し。すごい美人だったのに!もったいないですよ~!!

ラーメンも美味しいし、お店もアットホームで雰囲気最高の『中華そば めんくい』。下松ラーメン食べ歩きをされるなら、1店目はまずコチラで情報収集、というのもいいんじゃないでしょうか?

下松ラーメンのまとめ

下松ラーメンは牛骨スープ。いつも食べているラーメンとはヒト味違います。その独特の風味が、クセ&ヤミツキになること間違いなし!

 

だいたいのお店で『小・中・大』とラーメンのサイズを選ぶことができますが、『小』が普通のラーメン屋さんでいうところの『並』のボリュームです。

 

ラーメンといっしょに“稲荷ずし”も頼むのが下松流。ただし、人気店は夕方以降品切れになっていること多し?

 

牛骨スープとチャーシューって、驚くほど相性バッチリです。お肉好きなら最初からチャーシュー麺を頼んでみるのもオススメ!

 

今回はJR下松駅から歩いていける4店を紹介しましたが、駅周辺だけではなく、市内には少し離れた場所にも、いわゆる“下松系”と呼ばれる“牛骨&醤油ベース”のラーメン屋さんがあるそうです。

それぞれのお店によってオリジナリティ溢れる味付けになっていますので、食べ歩きにはもってこいの下松ラーメン。

 

ラーメン党の皆さま、中国地方に行かれた際はぜひ一度お試しくださいませ!!

LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事一覧

姫路の『手柄ポート』が、52年の歴史に幕を下ろすそうです
ほのかな“甘み”が美味しさの決め手!!『播州ラーメン』(後編
広島・呉の、“呉らしい”イルミネーション【後編】