映像制作のボーダーレスの秘密

福岡支社
福岡支社
エンタメ
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

映画『スター・ウォーズ』と博多祇園山笠がコラボ!

博多祇園山笠が有名なお祭りだからって、毎年毎年紹介するのもどうか?と思い、今年は記事書くのを自粛しようと思っていた矢先に。

なんでも、あの映画『スター・ウォーズ』とコラボした“飾り山”が、川端通商店街に登場するというではないか!これは見に行かねば!!

シリーズ最新作公開決定記念!

今年(2017年)の12月15日に公開が決定した、シリーズ最新作の『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』

前作『フォースの覚醒』が公開されたときも、たしか青森のねぶた祭りとコラボしていたし、さっぽろ雪まつりにも雪像が登場したんですよね。しかも今年は第1作目の公開からちょうど40年のメモリアル・イヤー!!

博多祇園山笠がどういうお祭りなのか?ということについては、以前紹介した記事をご覧下さればと思います。

P1290164-098

日本三大祇園祭のひとつであり、かつまた国の重要無形民俗文化財でもあり、昨年(2016年)末にはユネスコ無形文化遺産にも登録されたという、由緒正しい夏祭りの一つ。全国ネットのニュース番組で取り上げられることも多いかと。

DSC_3781-098

7月15日の早朝に行われる本番の“追い山”に向けて、ただ今福岡市内には至るところにお祭り気分を盛り上げる“飾り山”がそびえ立っているのですが。

その中の一つ、川端通商店街の飾り山が、今年はあの映画『スター・ウォーズ』とオフィシャルにコラボするという…博多のど真ん中で?ホントかよ!?

P1290103-0989

ホントでした。すげぇ!

P1290102-098

八番山笠 上川端通」、そして『スター・ウォーズ 最後のジェダイ』と、ちゃんと書いてあります。福岡県の中の“博多区”のお祭りが、世界中で愛されている映画とコラボするなんて、なんだか誇らしいよ!博多区民ではないんですけどね。

P1290126-098

飾り山の下部にはカイロ・レン。デカい!

P1290141-098

その上には前作初登場の新ドロイド、BB-8。高いところなので肉眼だと見えにくいですが、こうやって写真でよく見ると超リアル。

その上には、

P1290123-098

前作『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』でシンデレラストーリー級の大抜擢を受けた、デイジー・リドリー演じる主人公のレイ。いちおう念のため、スター・ウォーズは前作から新シリーズに突入しています。

ちなみに、全米公開された高畑勲監督の『おもひでぽろぽろ』(洋題:Only Yesterday)のタエ子の吹き替えをしているのもデイジー・リドリー。子供のころからジブリアニメが大好きだったそうですよ。

地上からおよそ13メートルの、アーケードぎりぎりのてっぺんには、

P1290139-098

おなじみC-3POと、

P1290140-098

レイのライトセーバーがジャマですが、R2-D2!すごいクオリティ高い!!

何よりも、思っていた以上に

P1290121-098

和柄のテイストに、意外とよく合いますね、スター・ウォーズのキャラクター達って。

飾り山は博多人形を作っている人形師さんの完全なる手作りですし、

P1290124-098

何より、神の依り代でもある、いわゆる御神体でもありますから、日本風のデザインになるのは当然のこと。なので、もしかしたら違和感あるかも?と少し心配していたのですが…

P1290169-0987

『スター・ウォーズは日本の黒澤明監督の映画に影響を受けている』という、有名な噂話的映画ウンチクも納得の仕上がりです!

 

『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』とコラボした飾り山は、7月14日まで川端通商店街で自由に見ることができます。博多駅やキャナルシティなどからもそう遠くなくて立地条件抜群!ちなみに、すいぶん昔に紹介した“フクロウカフェ”があるのも、この川端通商店街です。

P1290147-0987

主人公・レイの視線の先には、うどんウエストが!?世界中でスター・ウォーズの最新作公開記念イベントが行われると思うのですが、こんな風景が見られるのは博多だけでしょう!!

おまけ

今回紹介したスター・ウォーズの飾り山は、テレビのニュースやWEBのサイトなどでもその勇姿を拝めますが。支社スタッフが撮った、ちょっと珍しい、あまり他では見れなさそうな写真を『おまけ』として少しだけ紹介。

まずは…6月中旬頃、偶然に川端商店街近くを通りかかった際に撮った、

DSC_3716-0987

飾り山の骨組み。場所的にも時期的にも、まず間違いなくスター・ウォーズの飾り山になるもののはずですが、まだその片鱗はまったく感じられず。

DSC_3718-098

 

だいたい、飾り山の“中身”自体、そうそう見れるものではないような。福岡に長年住んでいても、完成前の姿をじっくり見れる機会なんてなかなか無いことです。

DSC_3720-098

 

おまけ・その2

スター・ウォーズの飾り山が公開されたのは7月1日のこと。その前日の6月30日、またまた偶然この川端通商店街の近くを通ったので寄り道してみると、

P1290015-098

法被を着た山笠男子たちが、翌日の公開初日に向けて準備中。

よく見てみると、

P1290010-098

カイロ・レンもBB-8も、そしてレイの顔にも覆いが被せられてて完全に封してある…厳重!

P1290008-098

おまけに、C-3POとR2-D2は飾られてさえいない!?

この辺り、さすがディズニー映画ということか?。公開期間についてとかの、いろいろな大人の事情的なものが絡んでいたりするのかなぁ…?などと、映画好きっぽく深読みしてみたりして(笑)

LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事一覧

大人になった今、本気で『ガンプラ』作ってみたい!(3)
お盆休みにいかが?映像制作会社のスタッフお薦め映画・ドラマ(
『カメノテ』を食べてみたい【後編】