映像制作のボーダーレスの秘密

福岡支社
福岡支社
ご当地情報・西日本編
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

福岡県民がガチでオススメするラーメン屋さんvol.18

食べ物の話が続いてて、ちょっとアレではありますが…ひとまず、たぶん今年最後のガチラーメンです。

「独断と偏見、かつガチで、あなたが本当に美味しいと思うラーメン屋さん教えて!」と、福岡県民に直接尋ねるラーメン探訪記、今年もいろんなお店を巡りました。グルメ情報誌などには載らないけれど、地元民には心から愛されているというお店。福岡にはまだまだいっぱいあるんだなぁと再確認の一年でした。

風び 原本店

九州を代表する、バリバリに偏差値高すぎる某国立大学(もう学校名を書きたてているも同然だけど)の大学院に通うBくん。

DSC_5105-009876

アーティストでクリエイターでミュージシャンで、カッコよくてインテリで…って、いったい神はこの青年に何物与えたら気が済むとぉ!?

来年の春には東京に進出するらしい彼氏。寂しいなぁ。また一人、才能豊かな若者が九州を離れてしまうのか。。。で、そんなBくんがオススメのラーメンなら、やっぱり大橋駅とか糸島辺りのお店とかか?

「いえいえ、あれは早良区になるのかなぁ?原にある“風び”という店なんて、どうですか?」

P1600213-00987

そうそう、夜に車で走っていると、よくこの看板を目にするんですよー!いくつかチェーン店もありますよね?でも今回はオススメされた本店へと。

P1600205-00987

テーブル席メインの広いお店。

P1600197-00987

一人でも入りやすいドライブインスタイルのラーメン屋さん。目の前に広めの駐車場がありますので、車でパッと立ち寄ってササッとラーメンかっ込んでバイバイするのがヨカでしょう。

P1600201-00987

セットメニューが充実しているみたいですね。今年最後のガチラーメンですし、ボーダーレス本社のラーメン部はチャーハン部も兼ねているというウワサもありますし。ちょっと贅沢してチャーハンセットを。

P16001940-098

待つ間、トッピングメニューを調査。ズバリ充実!ゴマ・紅ショウガはもちろん、独身で友達のぜんぜんいない僕には嬉しい“おろしニンニク”あるじゃないか!辛子高菜も入れ放題だし。近ごろ減少傾向にあるんですよね、無料で入れ放題の高菜って。ちょっと前まではどの店でも当たり前だったのに。

P1600169-0009876

で、到着しました!風びのとんこつラーメン。

P1600174-00987

油が浮いてます!チャーシューもやや大きめ。これは「飲んだ後のシメの一杯」というよりも、どちらかというと「がっつりと昼メシ・晩メシとして食べたい」タイプのラーメンかも。セットメニューが多いのも納得か。

P1600186-009112

清く正しい細麺ですが、極細という感じではありません。ちょうどイイ感じにボリューミィ。個人的には嬉しいです。中麺ぐらいが好きなので。

さっそくズルルズッっと麺をひと口…おお、麺自体にウマ味が!福岡のラーメンって、基本はあっさり薄味なので、麺の味を感じることってそうはないのですが。これはウマいですよ!!

P1600187-00987

スープも見た目通り。福岡豚骨系の中では濃い目の味付け、というかダシが効いててパンチ力あり。これはもう、乗っけからゴマ+紅ショウガ&辛子高菜そしておろしニンニクを投入でしょう。それでも、麺もスープも味が深いから、ぜんぜん追い込まれてません。がっちりとトッピングの味を受け止める、まるで菊地雄星と炭谷銀仁朗を思わせる名バッテリーよ。

P1600183-00987

と、ここで。待望のセット相方、チャーハン登場。見てみぃ、この黄金色よ!しかも口どけサラサラのパラッパラ。めっちゃ美味しいですよ、風びのチャーハン。セットメニュー大正解でした。

 

風び(ふうび) 原本店

福岡市早良区原4-25-12

以前に紹介した、スピッツの草野マサムネさんの聖地・室見川の近くです。

八ちゃんラーメン(薬院店)

ある夜の飲み会にて。

DSC_5243-009876

福岡の焼き鳥、最高っすよ!!

美味しい焼き鳥を腹いっぱい食べたにも関わらず!もう夜中12時を回ろうかという時間帯にも関わらず!!帰る前にはシメのラーメン食べたくなるのがダメ人間…みなさん、どこかオススメのラーメン屋さん教えて!

DSC_5248-009876

西鉄薬院駅近くにお住まいの、バリかわいいお姉さん曰く「あー、八ちゃんラーメンはどう?好みが分かれるけど。」

DSC_5252-001123

八ちゃんラーメン、同じ屋号のお店が何店舗かあったような?薬院にもあるですか!?…おお、ありましたよ。駅のすぐ近く、小じんまりした店構え。

中をチラッと覗くと、カウンターのみの小じんまりしたラーメン屋さん。で、もう夜中12時を回っているというのに超満席!

DSC_5265-00987

ババッと一気に団体さんが帰って、ようやく入店。おおお!スタッフさんたち、「高田道場」のTシャツ着とんしゃー!?怖いよ…

DSC_5276-00987

座席の背後には剛アニキ。このお店に更なる怖さを覚える。大丈夫か?作法を間違えてボコボコにされたりしないか!?でも、やるなら今しかねぇ!

おそるおそる、かなりビビリつつ「あっ、あのー。ここのラーメンの写真を撮らせていただいて、ブログに載せたりしても、だっ大丈夫でしょうか?」とお願いしてみると、「あーっ、もちろんですよ!よろしくお願い致します!!」と笑顔でOK…よかったー!怖くないというか、むしろ優しいスタッフさんたちでした。

DSC_5254-0009876

で、こちらが八ちゃんのラーメン。このアブクよ!

DSC_5255-009876

ぶくぶくアブクが浮くほどの濃厚トロットロスープ。おそらく、本州の人たちが思い描く福岡の豚骨ラーメンって、きっとこんなイメージじゃないかと。

でも、とっても不思議なんですよ。たしかに濃厚なんですが、けっして“濃い味”ではないんです。もちろん薄味でもないのですが、なんというか、“スッキリ味”というか。後口が質っこくないんですよね。むしろサッパリとしているというか。本当に不思議。

DSC_5259-001126

麺は細麺。ですが、スープがトロトロしているためでしょうね、ストレート細麺なのにスープ絡みはバッチリ。つけ麺食べているような錯覚も。

DSC_5262-000987

ドンブリ鉢に山盛りの豪快紅ショウガ。まさに「博多んモンは横道モン。青竹割ってヘコにかく。ばってん、ラーメン」という、あの精神なのか!?知らん人、放っておきますよ。

DSC_5275-001234

飲んだあとにもピッタリのスッキリ味とはいえ、やはり濃い目ではあるラーメンですから、おにぎりにもついつい手が出てしまう…構わねぇ、太れ太れ!

DSC_5269-009876

鉢にアブクが残るドロドロスープに紅ショウガ大量投入、それに白飯おにぎりがよく合うんだよなぁ。久しぶりに思いましたよ、東京とか大阪の人にはこういうラーメンを食べてもらいたいんですよね。

 

八ちゃんラーメン(薬院駅すぐ近く)

福岡市中央区白金1‐1‐27

ちなみに…他の地域にある八ちゃんラーメンとは無関係なんだそうです、この薬院の八ちゃんラーメンは。「えっ?なんでなんで??」なんて、高田道場のTシャツを着たスタッフさんに聞けるわけもなく。気になる方はシュートボクセ・アカデミーの生徒かなんかといっしょに尋ねてみようぜ!

DSC_5266-1234

キッチンにチラ見切れてる、おでんも美味そうだったんだよなぁ…食べればよかったなぁと、今この写真を見ながら軽く後悔しております。

 

ガチラーメン・BACK NUMBER

>vol.1<           >vol.2<

 

>vol.3<          >vol.4<

 

>vol.5<          >vol.6<

 

>vol.7<    >vol.8<

 

>vol.9<    >vol.10<

 

>vol.11<     >vol.12<

 

>vol.13<            >vol.14<

 

>vol.15<          >vol.16<

 

>vol.17<

LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事一覧

「あの世」と「この世」の境目―黄泉比良坂【中編】
安芸の宮島、ビックリするほど鳥居が丸見えでした。
『壇ノ浦の合戦』の戦場跡にも行ってきたよ!